巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

福島県民のソウルドリンク「酪王カフェオレ」が都内でも人気に!

ライター情報:古屋江美子
福島県民ならほぼ誰でも知っているソウルドリンク「酪王カフェオレ」をご存じだろうか?
1976年に発売され、当時からほぼ変わらぬ味のロングセラー商品である。
「酪王カフェオレ」。サイズも、1000ml(315円)・500ml(165円)・300ml(110円)・200ml(90円)・ビンタイプ200mlと豊富(※価格は税抜の標準希望価格/2015年2月現在)

福島県内であれば、ほとんどのコンビニやスーパーで見つけることができ、学校や病院の自動販売機でも販売されている。サイズが豊富なので、自宅はもちろん、外出先での一人飲みなど、幅広いシーンで愛飲されている。

カフェオレのような嗜好飲料は大手メーカーも強いが、福島県にかぎっていえば、地元メーカーである酪王乳業の「酪王カフェオレ」がダントツの知名度のようだ。近ごろでは「酪王カフェオレ」を素材にした焼菓子・パン・スイーツなどのコラボ商品なども登場し、お土産品にまで成長している。

さらに最近はそんな人気が首都圏にまで飛び火してきた。震災後にはファンサイト「福島酪王カフェオレ会」が立ち上がり、2013年には東京・秋葉原で「酪王カフェオレ ファンの集いin秋葉原」 なるイベントまで開催されたのだ。

気になる味だが、ミルクの甘い香りにコーヒーの芳ばしい香りがほんのり。濃厚だが後口はさわやかで上品な味わい。甘すぎず、くどくない絶妙な味のバランスがクセになる感じだ。

酪王乳業株式会社経営管理部の鈴木伸洋さんいわく、「生乳を50%以上使っておりますので、牛乳の栄養分がふんだんです。おいしさの秘密は新鮮な牛乳とほどよい甘さ。子供から大人まで幅広い年代に好まれています」とのこと。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2015年3月3日 11時30分

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    牛乳は安全・安心なものを飲みたい。ちなみに、首都圏だが岡山産の牛乳を取り寄せている。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!