巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

グラスに当てると、泡がシュワッ! 超音波でビールの泡を立ち上らせてみた

屋外だろうが何処だろうが、超簡単にきめ細かい泡を生み出せる。

( 1 / 2 )

[その他の写真を見る]

ようやっと、気候も暖かくなってまいりました。冬が過ぎ去ろうとしています。ということは、何がやって来る? もちろん、春です。
さて、春といえば何がある? それは、お花見しかないでしょう! お花見を開くとなれば、ビールが飲みたい。

そんな事を考えていたら、春本番前にこんなアイテムを見つけてしまいました。タカラトミーアーツが3月26日より発売する『ソニックアワーポータブル』(希望小売価格2,900円/税抜)は、きめ細かいビールの泡を作ることができるツールであります。

ここで、過去のコネタを振り返りましょう。2013年5月、同じくタカラトミーアーツから発売された『ソニックアワー』は、トレイ型でした。その上にグラスを置き、ボタンをプッシュすれば、超音波振動がグラス底面に与えられて泡が発生するという仕組み。
一方、今回の『ソニックアワーポータブル』は、その名の通りポータブルタイプです。使い方は、超簡単。7~8分目までビールを注いだグラスの側面に、本体の先端部分「ソニックポイント」を押し当てる。ただ、それだけ。するとポイントが触れている間だけ超音波振動が発生し、きめ細かい均一な泡がゆっくりと立ち上がっていくというのです。

しかもその泡、非常に良いらしい。
「超音波の周波数を工夫し、今まで以上にきめ細かくクリーミーな泡を作れるようになりました。当社比で、最高の“泡”だと考えています」(担当者)
実は前作『ソニックアワー』が発売された2013年よりポータブルタイプの開発は進められていたとのことで、計算すると開発に要した期間は約2年。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2015年3月22日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!