巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

水を怖がらずに魚を獲る猫「スナドリネコ」の生態に密着!

ことしで開館60周年を迎える三重県・鳥羽水族館では現在、日本の水族館で初めて「スナドリネコ」が展示され話題になっている。
魚を食べるネコ科の動物が水族館で見られるというのがまず不思議だし、人気マンガ『ぼのぼの』(いがらしみきお作)でおなじみの生きものではあるが、実際に生きて動いている様子を見たことのある人は少ないのではないだろうか。
こちらが話題の鳥羽水族館のスナドリネコ。ひと回り大柄な右側がオスで、左側がメス。

このスナドリネコは3月21日にオープンした新ゾーン「奇跡の森」に登場。すでに同館の人気者となっている彼らについて、鳥羽水族館企画広報室の杉本さんに尋ねてみた。ネコ科の動物を展示したきっかけは、
「60周年を記念して大改装するこのゾーンのスターとなり得る動物を探っていたところ、水を怖がらずに漁をするネコがいることを知りました。調べてみるとその生態もユニークであり、鳥羽水族館の“水に関連する生きものを主に展示する”というコンセプトとも一致したので導入を決めました」
とのこと。

このスナドリネコはペットなどのイエネコよりもやや体格が大きく、もともとはインドネシアの島々からインドシナ半島、中国南部などの沼地に暮らす生きもの。水に潜って魚を「漁(すなど)る」ことからその名が付けられている。
実際に動く彼らのどんなところが魅力的なのだろうか。
「普通のネコとは違った表情を見せるところに注目してほしいです。威嚇するときなどはネコと言うよりまさにヒョウやトラを思い起こさせますし、警戒心が強く、野性味にあふれる生きものです。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2015年3月27日 11時00分

「水を怖がらずに魚を獲る猫「スナドリネコ」の生態に密着!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!