巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

神社好きならぜひ挑戦してみたい、神社検定

ついお願いごとを書いてしまいそう……実はこれが「合格認定証」です。

[拡大写真]

平成の大遷宮で世の中が賑わった数年前から、寺社仏閣へ足を運ぶ人が格段に増えた。御朱印巡りに仏像巡りが話題にあがることもしばしば。
神社と寺を比べると、よりミステリアスなのは神社である。創建1000年どころか、“神代の時代から続く”という神社だって珍しくはない。そんな神社に興味をもってきた人に、おすすめの検定がある。

その名も「神社検定」
監修は神社本庁で、民間資格といえど格式はなかなかのものである。検定が始まったのは、平成24年。年1回の開催で、今年で4回目となるそうだ。受験者の大半は神社に興味を持っている一般人。仕事に生かしたいという人も多いそうだが、実際は「自分の知力を試したい」知的好奇心の挑戦者が多いそう。

受験者の6割が男性だというが、同じく6割が40歳以下。もっと年齢層の高い検定かと思いきや、最近は若い神社ファンが多いということか。

どんな問題が提出されるかというと、たとえば3級だと……

Q:古くから馬は神の乗り物とされていました。神様にお願いをする際に、本物の馬を奉納していたことに由来するものとは、以下のどれでしょうか。

1、お神札
2、破魔矢
3、絵馬
4、お賽銭(おさいせん)

答えはもちろん「3」の絵馬


古くから生きた馬が奉納され、奉納できない時に板に書かれた絵や木彫りの像が奉納されていた。それが次第に絵馬へと変わってきたのだという。

そんな3級はまだしも、1級になるとこんな問題まで飛び出す。
関連キーワード

ライター情報: のなかなおみ

いつか山の中に引きこもりたい大阪在住フリーライター。日々、野良猫との遭遇を楽しみに生きてます。

2015年4月8日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!