巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

新宗教にとっての布教とは? 天理教が政教分離の徹底されたフランスで抱える葛藤

ライター情報:加藤亨延
欧州で日本の新宗教はどんな活動をしているのだろうか。以前コネタで取り上げた曹洞宗や神道という伝統宗教の他に、欧州には日本の新宗教も多く進出している。その中でも天理教は、パリで特異な存在感を放つ。なぜなら同団体は、宗教という枠にとどまらない、パリにおける日仏文化交流の大きな一翼を担っているからだ。

天理教ヨーロッパ出張所


パリで天理教は目的別に施設を2ヵ所持つ。これが他の現地日本宗教に見られない点だ。

1つはパリ市内中心部シャトレにある天理日仏文化協会。この施設には、日本語とフランス語を教える「パリ天理語学センター」や、各種アートの展示室、演劇・ダンス・音楽を行う小劇場は「エスパス・ベルタン・ポワレ」として活動を展開している。同施設は天理教による運営であるものの、宗教色は除かれている。

一方でパリ南郊外アントニーにある「天理教ヨーロッパ出張所」は、宗教活動のための施設で、各種行事が行われる。

天理教はパリの施設を分け、一方を文化活動に特化させることで、政府系の文化施設・パリ日仏文化会館(独立行政法人・国際交流基金が運営)とともに、パリにおける日仏文化交流で主要な役割を担ってきた。

天理日仏文化協会


■宗教と分けたことで広がる繋がり
フランスで宗教を話題にする際、決して切り離せない言葉が「ライシテ(政教分離、宗教的中立性)」である。1905年に、政治をキリスト教の教会制度の影響から外すことを目的に定められた考え方だ。

結果フランスでは、学校をはじめ公的機関において、スカーフや十字架といった宗教を主張する物を身につけたり、表現することが禁じられている。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年5月31日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!