巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東北復興の象徴「仙台うみの杜水族館」オープン 巨大水槽や海獣たちとのふれあいなどが目玉! 

7月1日、仙台駅から電車で約20分の仙台港エリアに「仙台うみの杜水族館」がオープンした。
東北最大級のスタジアムなどを備えた同水族館は、初年度の来場者数約100万人を見込んでいる注目スポット。規模の大きさだけでなく、さまざまな新たな試みにもチャレンジしているこの水族館。いったい、どんなところが「すごい」のだろうか?

三陸の海を再現した幅13メートル、高さ6.5メートル、水量990トンの巨大水槽「いのちきらめく うみ」は同館の目玉の一つ。

三陸の海を再現した巨大水槽に注目


施設内に大小約100基の展示水槽を備えている同水族館で、まず目を引くのが三陸の海を再現した、幅13メートル&高さ6.5メートル、水量990トンの巨大水槽「いのちきらめく うみ」。マサバやアカシュモクザメ、マイワシ、ババガレイ、アイナメなど、50種2万5000匹の生きものが泳いでいて、1日2~4回実施される、約2万尾のマイワシなどが一斉に舞う約5分間のエンターテインメントプログラム「Sparkling of Life」が話題の的に。

「この水槽は屋根がない構造になっておりまして、太陽の光がそのまま降りそそぎ、生きものたち本来の色鮮やかな姿をご覧いただけます。またマイワシの群れをめがけて泳ぐマサバや、ババガレイの岩のぼりなど、多種多様な生きものの“いのちのきらめき”を感じることができます」(同水族館広報担当・西岡さん)

ほかにも岩場を含めた隅々にまでさまざまな生きものがいるので、じっくり観察してみては?

ふれあいプログラムに登場するフンボルトペンギン(写真)のほか、大柄なオウサマペンギンから世界最小のフェアリーペンギンまで、8種約80羽のキュートなペンギンたちがお出迎え。

海獣とのふれあいプログラムが充実!


半屋外の広場「海獣ひろば」では、アシカの仲間であるオタリアやフンボルトペンギンに直接さわれる「フレンドリータイム」(1日2~4回、各回約20分)を実施。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2015年7月1日 11時30分

「東北復興の象徴「仙台うみの杜水族館」オープン 巨大水槽や海獣たちとのふれあいなどが目玉! 」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!