巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

600万体の遺骨が眠る地下で騒ぐ秘密パーティーへ行ってきた

ライター情報:加藤亨延
パリの地下にはカタコンブと呼ばれる無数の地下空間がある。その一部は、かつて共同墓地として使われ、壁一面には人骨がパズルを組み合わせたように積み上げられた異様な光景が広がる。ひんやりと保たれた温度と湿度と相まって、内部に入れば身も心も涼しい。地下通路は入り組み迷宮のようであるため、うっかり迷い込むと出られなくなるという。

今はパリの有名な観光名所でもあるこのカタコンブは、はるか昔ガロ・ロマン期に採石場だったそうだ。その採掘跡に1785年、パリ市内にあった墓地から約600万体の遺骨を移動し、無念仏の安置先として今のような形になった。

カタコンブで夜な夜なパーティーが開かれるという噂


そのカタコンブに、ある噂があった。パリっ子は、夜な夜な観光用以外の立入禁止区域に忍び込み、パーティーを開いているというのだ。彼らは通常の観光用入口から下るのではなく、パリ市内に隠されている秘密の穴から出入りする。サスペンス・ホラー映画『カタコンベ』は、この話をヒントに作られているため、もしかしたら聞いたことがある人もいるかもしれない。

ある日、友人がその立入禁止区域へ行かないかと誘ってきた。なんでも内部に大きく開けた空間があり、そこで秘密裏にコンサートが催されるのだという。ただし、もしも内部で迷った際は危険が伴うので、そこは重々承知の上で来るように、とのことだった。不安もあったが、こんな機会はなかなかないと、私は二つ返事で行くことを決めた。

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2015年8月26日 11時00分

「600万体の遺骨が眠る地下で騒ぐ秘密パーティーへ行ってきた」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!