巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

実は栄養豊富で健康的! 秋の味覚「焼きいも」の魅力

秋になると食べたくなるのは、焼きいも。この季節に、「い~しや~きいも。おいも」と移動販売車の呼び込みを聞くと、ついつい買いに行きたくなってしまう。寒い日に食べるほくほくした焼きいもは本当に幸せな気分にしてくれる。
寒い季節にはやっぱり焼きいも!最近は種類が豊富になっている

ただ、焼きいもは太ってしまうのではないか? おならが出るやすくなるのでは? といった心配事がある。それに、最近は安納芋が人気だけど、自分好みの芋を見つけたい。さらに言えば、家でも手軽に食べられたらいいのに……。

そんな焼きいもに関する疑問や悩みを解消するべく、書籍『焼きいもが、好き』を手にとり、さらに本書の編集者・鈴木さんにもお話をうかがった。

『焼きいもが、好き』は焼きいもについて、生産、小売・流通から栄養、さらには焼きいもをつかったアレンジレシピまで、さまざまな角度で紹介している。
『焼きいもが、好き!』日本いも類研究会「焼きいも研究チーム」(企画編集)/農文協プロダクション


栄養豊富で間食にぴったり


まず、焼きいもは太るという話だが、本書によると、焼きいも3分の1(約100g)とお茶碗に軽めに盛り付けたご飯(約100g)はほぼ同じくらいのカロリーらしい(どちらも約160キロカロリー)。腹持ちがよく食物繊維も豊富なため、食べ方に気をつければ健康的な間食になるそうだ。

残念ながら、焼きいもを食べるとおならが出るのは間違いないとのこと。ただ、さつまいものでんぷん由来のおならはあまり臭くならない。それに焼きいもは食物繊維やビタミンCが豊富で、さらにクロロゲンサン類というポリフェノールが含まれており、シミの原因になるメラニン色素を抑える作用もあるという。
関連キーワード

ライター情報: 上村逸美/eBookJapan

本が好きで、本の仕事に就いてます。雑誌の編集も少し経験あり。
電車の中と寝る前に読むことが多いです。

URL:http://boox.jp/

2015年9月20日 10時00分

「実は栄養豊富で健康的! 秋の味覚「焼きいも」の魅力」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!