巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

歯科医が開発、ほうれい線対策「こぶ付き歯ブラシ」を試してみた

とは言え、今回のそれは特殊過ぎます。
「『美顔ローラー』という商品がありますが、顔の外側からするマッサージより口の内側から行うオーラルマッサージの方が効果的です。オーラルマッサージをセルフケアで簡単に行う方法として、『キャンディー歯ブラシ』を考案いたしました」(渡部さん)
口腔内から手指を使ってオーラルマッサージを行う場合、衛生面に問題がある。爪で粘膜に傷を付けるケースも出てくる。でもこの歯ブラシならば、その心配はありません。
それだけじゃない。現在、「ドライマウス」、「歯ぎしり」、「顎関節症」には有効な根本治療法が無く、対症療法として口腔内外マッサージ、唾液腺マッサージが推奨されているそうです。
「当院でもドライマウスの患者様に唾液腺マッサージを推奨していますが、自身の手指によるマッサージは長期継続が困難です。その点、この歯ブラシを使用すればブラッシングとマッサージを同時に簡単に行うことができます」(渡部さん)

なるほど、モノと機能についてはわかりました。でも、本音としては実感してみたい。……というわけで、取り寄せてみましたよ!
実際にこの目で見てみると、昨今よくあるヘッド小さめ歯ブラシだと感じました。しかし、ブラシの裏側にたんこぶができてるから、違和感が半端じゃない。

これで歯を磨くと、ゴシゴシするたびに口の内側をこぶが邪魔します。まるでスムーズじゃない。異物感も半端じゃない! 鏡で自分の顔を見ると、まさしくキャンディー舐めてるみたいに頬がボコッとしてるし!!
「歯ブラシのヘッド部を小さくすれば歯磨きが容易になるという考え方もありますが、口腔機能全体の面から見れば逆効果です。

ライター情報: 寺西ジャジューカ

1978年生まれ。ブライアン・ジョーンズとビートたけしと前田日明と大江慎也と有吉弘行を敬愛する。好物=局アナ、篠田麻里子

URL:Facebook

2015年11月11日 10時30分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!