巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ファンが集うナイキの「マイケル・ジョーダンストア」に行ってみた


大都市といえども、NYやLAに比べるとマイナー感たっぷりのシカゴ。
最近の日本では、シカゴと言えば「ギャレットのポップコーン」と答える人が少なくない。
そんなシカゴにも、誰でも納得するスーパースターが存在する。
その名もマイケル・ジョーダン。

バスケットボールの神様とさえ言われている彼は、引退後でも世界中にたくさんのファンがいるアスリートの一人だ。
NBAシカゴ・ブルズを6回もの優勝に導いたということもあり、シカゴ市民にとっては永久なヒーローであり、今でもシカゴと言えば「MJ」と即答する人が多いのも事実だ。
ファン達が彼の引退後も支持しているのがナイキのエア・ジョーダン「スニーカー」。そんなスニーカーやグッズが手に入るジョーダンブランドのストアがシカゴにオープンした。



開店数日前からテントを張った行列ができていたのは、お目当てのスニーカーを手に入れるため。
限定品もあるので、店に行ったからといって買えるわけではなく早いもの勝ちだった。
シカゴらしいのは、数日並んで手に入れた靴を迷いもなく1ブロック先の角で売りさばいている、というところ。プロフィット目当ての人とコレクターファンの人とも特に大きな問題にもならずにオープンした。

「ずっとMJの大ファンだけど、8歳~9歳の頃かな1980年代の中期。母親が買ってくれた初のエア『スカイ・ジョーダン』が僕にとってはもの凄く大切な物だった。それからコレクションが始まって、少なくとも100足くらいはあると思うよ。

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

2015年11月11日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!