巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

京都の正月に欠かせない謎のお菓子「パサン」って何?

ライター情報:野崎 泉
京都ではお正月に家族や親戚が集まったとき、昔から「パサン」というお菓子を食べるらしい。おせち料理やお雑煮などをみんなで食べ終えた後、お茶を飲みながら遊びにきた子どもたちなどにふるまったり、みんなでつまむカジュアルなおやつ。
本格派の和菓子もいいけど、ちょっと懐かしくて親しみやすい、こんな京都のふだん着の味にも心魅かれる……。


この「迎春用パサン」、一見、和風クッキーのような見た目で、「御所梅パサン」と 「舞鶴パサン」の2種類がある。
製造しているのは、京都・二条城近くで焼菓子の製造を続けて創業80年以上になるという「上田製菓本舗」。ご主人の上田昇さんに「パサン」という不思議な名前の由来などうかがってみた。

「京都に特有のものというより、京都で発展したお菓子、というのが正しいかもしれません。イギリスにパシャンズというお菓子があって、文明開化の頃に日本に伝わってきたようですね。パシャンズはちょっと言いにくいから、『パサン』になったのだと思います。
上田製菓は私で3代目になるのですが、パサンは祖父が開発したものがベースとなっています。若狭から京都に出てきて、奉公人として修行中に、つくり方などを覚えたようですね。
原材料はカステラと同じ小麦粉、砂糖、卵の3つで、ようはカステラの堅焼き。三つの材料を同じ分量で焼くとカステラになるのですが、粉の配合を多くすることでパサンになります」


表面はサクサク、口の中ではホロホロと溶ける、和洋折衷の味わいが特徴だ。
関連キーワード

ライター情報: 野崎 泉

歴史やストーリー、何らかのバックグラウンドのあるものに魅かれます。古本、レトロ建築、喫茶などをテーマに大人の乙女道を追求中。

URL:http://www.underson.com/bibliomania/

2015年11月26日 10時00分

「京都の正月に欠かせない謎のお菓子「パサン」って何?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!