巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「ドラえもんがフランスで放送禁止」なんてことはなかった!

ライター情報:加藤亨延
フランス関連で、まさかの『ドラえもん』騒動である。事の発端は作家・辻仁成さんがTBSラジオ『爆笑問題カーボーイ』で、フランスでのドラえもん事情に触れたことにある。番組で辻さんは「フランスでドラえもんは放送禁止」と言ったのだ。

フランスで放映されている『ドラえもん』オープニング

辻さんはどんな発言をしたのか


番組での流れは次の通りだ。ドラえもんの話題で盛り上がった際に、爆笑問題・太田光さんが「フランスでも人気あったりするんですか? 」と、辻さんに話を振った。すると辻さんは「ドラえもんはだめなんですね。放送禁止ですから」と答え、爆笑問題の2人を驚かせる。

「イタリアはオーケー、スペインもオーケーなんですけど、フランス教育委員会が、あんなドラえもんみたいな奴がいたら子どもが成長しない、って言って放送禁止なんです」「子どもが困った時に、何でもドラえもんに助けられるので、次々に何か出されると親が困るみたいな」と理由を述べ、「すごいでしょ。だからフランスだけはユーチューブで(ドラえもんを)見てるんです」「(日本のアニメはフランスで人気だけど)ドラえもんだけ彼ら知らないの」と事情を伝えた。

日本ほど知名度はないのは事実


結論から言うと『ドラえもん』は放送禁止ではない。ボーイングという米ターナー・ブロードキャスティング・システムによるアニメチャンネル上で、フランスでも同作品は見られる。この記事を書いている3月3日の番組表を調べてみると、『Doraemon(ドラえもん)』は夜から早朝にかけて何度か放送があった。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2016年3月4日 15時20分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!