巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

徳川家康、実は三方ヶ原の戦いで漏らしていなかった!?

ライター情報:さのゆう
現在、絶賛放送中の大河ドラマ『真田丸』。歴史ファンからも中々の高い評価を受けているそうだ。さて、この『真田丸』で主人公・真田信繁のラスボスとして対峙する相手は、あの徳川家康である。

【よく知られた徳川家康の脱糞エピソード】


ところでこの家康、一部ネットでは「戦場脱糞二キ」という不名誉なあだ名をつけられている。このような酷いあだ名をつけられた背景には、三方ヶ原の戦いでのこんな逸話からだ。
三方ヶ原の戦いで武田信玄の軍勢に大敗した家康。武田軍に対する恐怖のあまり、馬上で脱糞してしまう。浜松城について馬から下りた時に家臣の大久保忠世に発見され、からかわれてしまう。これに対して家康は「これは焼き味噌じゃ!」と言い訳するのだった……。

【徳川家康のエピソード 原文を読んでみると…】


しかし、実は家康は脱糞していなかったとの見方が強いのだ。
第11代徳川将軍の家斉の命によって作られた「改正三河後風土記」(「三河後風土記」を改編。1837年に完成)の13巻によると、次のように書かれている。

(原文)
「遠州一言坂軍の事」
原書に大久保忠佐神君浜松へ御帰城の時、其御馬の鞍壺に糞があるべきぞ、糞をたれ逃給ひたりと罵りたるよしをしるす。此日御出馬なければ逃給ふ事あるべきにあらず。是等皆妄説なる故に削り去りぬ。

(口語訳)
「一言坂の戦いの事」
原書(「三河後風土記」)には、大久保忠佐が家康帰城の際、「(家康が乗った)馬の鞍壺に糞があるぞ。
関連キーワード

ライター情報: さのゆう

1992年生まれ、静岡育ち。

URL:https://www.facebook.com/sanoyu

2016年6月26日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!