巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

岩井俊二はもはや若者に見られていない?

(C)RVWフィルムパートナーズ

岩井俊二のレンタルDVDがなかった2012年


藤田 岩井俊二監督の長編映画の新作『リップヴァンウィンクルの花嫁』が公開されました。これは『リリイ・シュシュのすべて』(2001)年以降の最高傑作だと思われますが……この15年で、岩井俊二についての世間の理解が随分ズレたなぁ、と、ショックを受けています。

飯田 というわけでこの記事では岩井俊二うんちくを語りながら『リップヴァンヴィンクル』の観方・楽しみ方を掘り下げていこうと思います。岩井さんはひとことで言うと、テレビやPV出身の映画監督なんですが、自分で劇判の曲もつくるし、ノベライズも書く。絵コンテはマンガみたい(『花とアリス』はマンガみたいにコマ割りした絵コンテが発売されている)で、つまり絵心もある。絵に描いたようなマルチクリエイターですね。
作風を一言でいうと、『リリイ・シュシュ』が典型だけど、音楽を聞いて歌詞の深読みとかって中高生のころはするけど大人になるとなかなかしないじゃないですか。ああいうポエミーな感性を極めに極めて高みに持っていっている、という感じでしょうか。

藤田 思春期にちょうど『リリイ・シュシュ』を見ました。あの前後に岩井俊二はスマッシュヒットを連続していて、自主映画などで岩井俊二に影響を受けた人がいっぱいいるぐらいメジャーな存在だったのに、最近はそうではない。少なくとも、渡米してからの日本での影響力は、今作までは弱まっていたと考えてよいと思います。

2016年4月29日 07時50分

「岩井俊二はもはや若者に見られていない?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!