巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

実際に抱っこもできるユニークなクマのぬいぐるみ展

「マレーグマ抱っこしにいらしてください~」という不思議なツイートが拡散されたのは2014年のこと。ぬいぐるみ作家のPlum'sこと梅津恭子さんの個展の企画で、人間の赤ちゃんでいうと8か月位の大きさのマレーグマのぬいぐるみが抱っこできるのだという。
企画に参加した人たちの写真を見ると、みんな優しい表情と手つきでそのマレーグマのぬいぐるみを抱いていたのがとても印象的だった。

バラや苺など、鮮やかな赤いモチーフを身にまとった大小さまざまなテディベアたち。作品ごとの顔つきの違いにも注目。


あれから2年が経ち、梅津さんの新たな個展が5月14日(土)~25日(水)に、東京・表参道のビリケンギャラリーで開催されるという。

前回はクマを中心にさまざまな動物のぬいぐるみを展示していたが、今回はクマのぬいぐるみのみにテーマを絞った内容になるとのことだ。

梅津さんの作品はこれまでに人気画家・ヒグチユウコさんの個展などでもコラボ展示されたことがあるが、例えば同じ種類のクマでも作品ごとに顔つきや体格が異なり、それぞれのキャラクター性を感じさせる仕上がりが特徴的だ。
梅津さんに作品作りや今回の個展の見どころなどについて尋ねてみた。

梅津さんがクマのぬいぐるみに興味を持ったのは、さかのぼると25年ほど前になるという。
「書店の洋書コーナーで写真集やカレンダーを見たのがクマのぬいぐるみ、すなわち『テディベア』を知ったきっかけです。その後自己流で作ったり、テディベアの展示などに足を運ぶようになり、テディベア教室の存在を知りました。実際に代官山にあったカドリーラボに通うことになったのが、今から約20年前ですね」

「あえて他の動物を入れないテディベアだけの展示を」


個展はクマ尽くしのものになるということだが、同じ動物をモデルにすると作品ごとの差別化が難しくもなってくる。
関連キーワード

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2016年5月12日 07時45分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!