巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ドラえもんの「学校のうら山」は実在した!? 聖地・富山県高岡市に行ってきた

ライター情報:古屋江美子

富山県高岡市は藤子・F・不二雄のふるさと


『ドラえもん』の作者である藤子・F・不二雄氏にちなんだスポットといえば、神奈川・川崎にある「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」が有名。だがもう1つ、富山県高岡市に「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」という、こちらもファンにはたまらない場所があるのをご存じだろうか?

川崎市は藤子F氏が大人になってからずっと住んでいた街。一方、高岡市は、子どもの頃に住んでいた街だ。藤子F氏は、「子どものころ、ぼくは“のび太”でした」という言葉を残しているが、おそらく高岡での少年時代のエピソードには、マンガのヒントになったことも多かったのだろう。


大人が楽しい「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」


「高岡市 藤子・F・不二雄ふるさとギャラリー」は2015年12月にオープン。先日、実際に行ってきた。
どこでもドアをくぐれば、藤子F氏の子ども時代にタイムスリップ (C)藤子プロ


場所は富山県高岡市の高岡市美術館2階にあり、落ち着いた雰囲気。鮮やかなピンクのどこでもドアをくぐると、藤子F氏の生い立ちを写真と言葉でつづった映像が流れる。

藤子F氏が手作りした幻燈機(今でいうプロジェクターのようなもの)を再現してある (C)藤子プロ

展示室はシックで大人なムード。ギャラリーには、14歳の時に描いたと思われる肉筆のまんが冊子『妖怪島』も展示されている。

『妖怪島』を全ページ読めるコーナー。全ページ読めるのは、ここだけだ (C)藤子プロ

このほか、東京へ向かったときに持っていたカバンやペンなどの愛用品や貴重なカラー原画などの展示も見ものだ。

高岡の風景が感じられる作品の展示も (C)藤子プロ

展示にはとくに派手な演出はないが、だからこそ藤子F少年の熱き思いと作品の素晴らしさが胸にダイレクトに迫ってくる。

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2016年5月18日 07時45分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!