巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

「士農工商」が歴史教科書から消え、リンカーンは「リンカン」と表記されている

「イイクニつくろう」の語呂で覚えていた鎌倉幕府の成立年は「1185年だった」という説が加わるなど、歴史教科書の中身は時代とともに変化している。かつて教えられた知識がいまでは覆されているのを知って驚くのは、昭和生まれの世代だ。

平成世代の使用する現在の教科書には「士農工商」が載っていないと聞き筆者もビックリした。一体どういうことなのか。中学校で実際に利用されている社会科の教科書(歴史的分野)を買って読んでみた。

「士農工商」が使われなくなった理由



教育関係の仕事に務めていたり学校に通う年頃の子どもがいたりしなければ、学校教科書に触れる機会は通常ほとんどない。今回、一般客向けにも売っている都内の教科書販売店を訪れ、卒業してから十数年ぶりに教科書を手にした。サイズが全体的に大きくなっている気がする。中のページも写真やイラストが豊富で、昔より親しみやすいデザインだ。

東京書籍の教科書で「士農工商」のページがあるか探してみる。巻末の索引ページにはない。パラパラとめくると「身分制度の廃止」という項目があった。
「新政府は天皇の下に国民を一つにまとめようと、皇族以外は全て平等であるとし、また移転や職業選択、商業の自由を認めました」という記述の脚注で各身分が説明されていた。しかし「士農工商」という言葉ではなく、武士(士)、百姓(農)、町人(工商)と別々に表記してある。
「武士(士)、百姓(農)、町人(工商)の身分を一つにすることから、こうした身分制度の廃止は『四民平等』といわれました」

語呂が良く歴史の単語の中では比較的覚えやすかった記憶がある「士農工商」。

2016年5月23日 20時05分

「「士農工商」が歴史教科書から消え、リンカーンは「リンカン」と表記されている」のコメント一覧 2

  • 匿名さん 通報

    あとはテレビの時代劇を駆逐すれば農家がバカにされることがなくなる。

    3
  • 匿名さん 通報

    リンカン塗って また塗って♪

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!