巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

連続殺人犯の絵画集まる「シリアルキラー展」開催の狙いを聞く


連続殺人犯"シリアルキラー"。人々を恐れさせ、厭忌されるものだ。しかし、どこかで彼らの危うい魅力に惹きつけられる人もいるのではないだろうか?

そんな衝動に駆られてしまった人に足を運んでほしいのが、6月9日から7月10日まで銀座・ヴァニラ画廊で開催される『シリアルキラー展』だ。



禁断のコレクションの一部を紹介


世界各国のシリアルキラーにまつわる絵画、セルフポートレート、手紙などを収集するHN氏のコレクションから、厳選された約200点が展示されている。どれも貴重なものばかりだ。



『シリアルキラー展』のキービジュアルにもなっているジョン・ウェイン・ゲイシーの描いた殺人ピエロ。
ゲイシーは33人もの少年に性的虐待を加えて惨殺した殺人鬼。彼の描くピエロは、スティーブン・キング原作の映画『IT』に登場する殺人ピエロ、"ペニーワイズ"のモデルとなっている。


パートナーと共に300人~1000人以上の殺人を自供した、ヘンリー・リー・ルーカスの自画像。映画『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターのモデルの一人。



1990年に若い女性5人を殺害し逮捕された、ダニエル・ハロルド・ローリング。
殺害現場に踏み込んだ警察官と目が合うように生首を配置するなど、異常性の高いシリアルキラー。逮捕後は"ジェミニ"という名のもう1人の人格が犯行に及んだと自供するが、認められることはなく2006年に死刑執行。

怪しい魅力「シリアルキラー展」の見どころは


『シリアルキラー展』開催のきっかけや見どころについて、主催するヴァニラ画廊の大沼さんに話を伺った。
関連キーワード

ライター情報: 舟崎泉美/イベニア

小説、脚本(映画、舞台、ゲームなど)の他、雑誌、WEBに、記事を寄稿。『ほんとうは
いないかもしれない彼女へ』で、第一回本にしたい大賞受賞。

URL:http://izumishiori.web.fc2.com/

2016年6月14日 19時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!