巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

コピー用紙のサイズはなぜA判とB判があるのか

ライター情報:金山靖
コピーをとるときなど、日常的に目にするA4、B5などの用紙のサイズ。でも、なぜ紙にはA判とB判の2つのサイズ規格があるんでしょう? 実はこのA判B判の成り立ちには、現在の大河ドラマにも出てくる歴史上の有名人が深く関わっていたのです。

B判は日本独自のサイズ



そもそも、A判とB判の2つの規格が日本で誕生したのは1929年(昭和4年)。JIS(日本工業規格)の前身であるJESによって制定されたもので、ドイツの工業規格であるA判を日本工業規格に導入したのが始まり。A判は国際標準で各国で使われています。そのときにもう一つ制定されたのがB判。当時、日本で流通している書籍や紙製品を調査したところ、大きく分けて2つのサイズがあることがわかりました。1つは明治初期にアメリカから輸入された紙に由来するサイズで、A判にほぼあてはまる大きさ。残るもう1つは美濃和紙という日本で古くから使われている紙のサイズ。これがB判と定められたのです。もちろん日本独自のサイズです。

なぜ美濃和紙が日本で広く流通していたのでしょう? 実は美濃和紙は、江戸時代に幕府の御用紙として使われており、日本で広く知られている存在だったのです。さらに深くつっこんで、美濃和紙が江戸幕府の御用紙となったきっかけはと言うと、ルーツは関ヶ原の戦いにありました。

岐阜県美濃市にある美濃和紙の里会館によると、「関ヶ原の合戦の際に、徳川家康が采配を美濃和紙の職人に作らせました。
関連キーワード

ライター情報: 金山靖

フリーライター。グルメ、文房具、ガジェットなどに精通。中身は本好き、メモ魔、中島みゆきマニア。

URL:Twitter:@kuunelu5963

2016年6月20日 18時00分

「コピー用紙のサイズはなぜA判とB判があるのか」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!