巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

韓国人の店がひしめくバンコクのコリアンタウンに、何故か1軒だけある日本人バー

ライター情報:清水2000
バンコクのコリアンタウン。左手にあるのは韓国で人気のデザートカフェ。


世界のコリアンタウンめぐりをライフワークのひとつとしている筆者は、タイのバンコクを旅行した際にも「コリアンタウン」と呼ばれるアソーク駅近くの商業ビル、スクンビットプラザを訪れた。

中庭のある6階建ての建物には、韓国からそのまま来たようなハングル看板の韓国料理店がずらりと並ぶ。料理店以外にも韓国スーパー、サウナ、韓国人向けの不動産屋などがそろい、まさにひとつの町という印象。きゅっとまとめて韓国エキスを濃くした新大久保といったところか。

後にビル内にある在タイ韓人会に話を聞いたところ、ここがバンコク唯一のコリアンタウンであり、1990年代初頭から韓国人経営者が集まり始め、現在は30ほどの店舗が営業。韓国人に必要なものはなんでも揃い、バンコクに住もうとする韓国人がまず訪れるスポットとなっているとのこと。近年は韓国料理ブームでタイ人も多く足を運ぶそうだ。

ハングルと共に、タイ語や日本語の表記もよく見かける。


韓国人が営業する店だけあり、味付けはまさに韓国。ただしこの店ではご飯がタイ米で、それだけでピビンバが一気にタイ料理っぽくなるというのは発見だった。


コリアンタウンは上の階に行けば行くほど観光地的な要素は薄まり、旅行会社やコンサルティング会社、床屋など、在住韓国人のための地味な店ばかりとなる。私は日が暮れてから訪れたのだが、上階は行きかう人もほとんどおらず、通路は薄暗い。

一般人が立ち寄れる最上階であり(5、6階は住居)、最もディープな雰囲気が漂う4階に、その店「ブルースバー」はあった。重々しい木の扉の脇には、小さな立て看板があり「世界のお酒」と日本語で書かれている。1階の韓国料理屋にも日本語が掲示されているので、さして驚くことではないが、外観からはあまりに情報が少ない。
関連キーワード

ライター情報: 清水2000

ソウルを拠点に活動するトラベルライター。翻訳も少々。路上のコネタ、珍スポ、音楽と映画を求め、弘大のライブハウスから朝鮮半島の辺境、世界のコリアタウンまで徘徊中。

2016年7月9日 10時00分

「韓国人の店がひしめくバンコクのコリアンタウンに、何故か1軒だけある日本人バー」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!