巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

レディーススーツのポケットはなぜ少ないの?

画像はイメージ

先日、仕事の合間にカフェで休憩しているとき、とある取引先相手と偶然遭遇。挨拶をすると、その方と一緒にいた方が、すっとスマートにジャケットの裏ポケットから名刺を差し出してくれた。
筆者は、あわててバッグから名刺入れを出そうとしたのだが……。そんなときに限ってバッグの中が荒れ放題で名刺入れが見つからない! ドタバタして不細工な仕草になってしまった……。
そんなとき、いつも思うことがある。
「あーもう! なんで女のスーツには、内ポケットついてないんだろう!」
と。
男性スーツのポケット数は、スーツのタイプにもよるが、おおよそ大小合わせて20個程度。比べて、女性スーツのポケットは圧倒的に少なく、胸ポケットはもちろん、内ポケットなんてついていないものがほとんどである。
「一体どこでこんな差が生まれてしまったのか?」
この疑問を解決すべく、ファッションの専門学校である文化服装学院の朝日信教授に質問してみることにした。


レディーススーツのポケットはなぜ少ないのですか?


朝日先生「デザイン性が大きいと思います。女性はバッグを持つということも考えられますね」
ポケットにものを入れることでシルエットが損なわれる、というデザイン重視の点から、スーツのポケットが少ないと考えられるとのこと。
また、男性はバッグを持ち歩かない人が多い。そのため、利便性もかねてポケットが必要だったというわけだ。
そもそも、現在のスーツの形はいつ頃完成したのだろう。
関連キーワード

ライター情報: YUE /プロップ・アイ

美容やグルメスポットの取材、恋愛リサーチ、編プロにて本の執筆、編集作業をしている。2012ミスアースジャパンファイナリスト ナッツマイスター。

URL:有限会社プロップ・アイ

2016年7月18日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!