巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東京・大田区にある「御嶽山駅」 火山と同名の理由とは

ライター情報:ちぷたそ

御嶽山といえば、長野と岐阜の県境に位置する3067mの高さを誇る霊山としても有名な山です。2014年に起こった大規模な噴火により、甚大な被害が発生したことでも記憶に新しい「御嶽山」ですが、そこから遠く離れた東京都内に「御嶽山」という名前の駅があることをご存じでしょうか。果たして木曾の御嶽山とは関連があるのかないのか……? 御嶽山駅で下車してみました。


御嶽山の地名にちなんだビルも



蒲田と五反田をつないでいる東急池上線にある御嶽山駅。駅周辺一帯は八百屋や総菜屋などが立ち並ぶ御嶽商店街になっており、周辺住民で賑わっています。

駅を出て、すぐに目に入るのは巨大スーパー・イオン。こちらのスーパーが入るビルの名前は「田の原屋ビル」といい、これは御嶽山7合目の地名にちなんだものになっています。駅を出てすぐに木曾・御嶽山との関連を見つけることができました。

そしてイオンの前にはこんこんと沸き出る「御嶽の霊水」が。巨大スーパーと霊水という異質な組み合わせにクラクラします。こちらは、御嶽信仰の信者が禊(みそぎ)をするためにここに井戸を築いたのが元になっているそう。ちなみに飲用不可です。

商店街をまっすぐ進むと、イオンの右手奥にすぐ神社の鳥居が見えます。そう、こここそが今回の目的です。


参拝者向けの店をもとに商店街へ発展



御嶽山に登拝する御嶽信仰の「関東第一分霊社」として、江戸時代からこの地に鎮座する「御嶽神社」。神社の鎮守の森のうっそうとした緑に、ここが住宅街であることを忘れてしまいそうな佇まい。
関連キーワード

ライター情報: ちぷたそ

オタク気味のフリーライター。大人げない大人を目指し、日夜くだらないことを考えています。

URL:Twitter:@chip_potekko

2016年7月20日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!