巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

3日連続で朝から晩まで高校野球…珍放送のワケ

ライター情報:川合登志和
画像はイメージ

いよいよ「夏の甲子園」が始まりますが、各都道府県の代表校が決まる地方大会、あなたの地元のテレビではどのように放送されましたか?

ネットで話題になったのが、三重県の地上波民放・三重テレビの編成です。

・7月16日(土)8:50~18:00「高校野球 三重大会」1回戦3試合
・7月17日(日)8:50~18:00「高校野球 三重大会」1回戦3試合
・7月18日(祝)9:50~17:30「高校野球 三重大会」1回戦2試合


3連休中、朝から晩まで高校野球中継のみ。しかも、開会式と開幕試合は録画でゴールデンタイムに放送し、その後は全日程を生中継しました。

「高校野球熱が高いだけでしょ?」「そんなの、地方のテレビ局ならどこでもやっているんじゃないの?」と思ったあなたは都市圏の人。

テレビ局の方にお話を伺ったところ、「地上波の民放にはこれが『やろうと思えばできる局』と『やろうと思ってもできない局』の2種類ある」というのです。どういうことでしょうか。


背景にあるのは編成の決定権


高校野球の地方大会は、基本的に準決勝からNHKが放送します。民放では、同じ東海地方であっても、愛知大会は決勝しか放送されない一方で、三重大会は1回戦から放送されるなど、それぞれ全く状況が異なります。

この背景には、高校野球熱やスポンサーの確保ももちろん関係しますが、大前提として、「テレビ局が、自らの編成を自分たちの意思だけで決定できるか?」という問題があります。
関連キーワード

ライター情報: 川合登志和

名古屋圏で暮らすフリーライター。ラジオでしゃべったり構成したりも。
好物=名古屋ネタ、放送の細かいトコ、アニポケ。

URL:http://toppy.net

2016年8月5日 19時30分

「3日連続で朝から晩まで高校野球…珍放送のワケ」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    高校野球。地方大会は見るけど、甲子園は見ない。という人もいるらしい。市区町の高校が地方大会では独立局で、テレビに出るからとのこと。高校野球地方大会は、独立局の大きなスポンサー収入源のようです。

    1
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!