巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

成田空港の離着陸をひたすら解説「空港ライブ実況」が面白い!

ライター情報:鈴木翔
「聞き流すだけで英語が話せるようになる」なんて英語教材が盛んに宣伝されているが、「聞き流すだけでヒコーキマニアになれる」という乗り物好き必見のスポットがあることをご存知だろうか。

ボーイング747の機首がインパクト大な「航空科学博物館」の入り口


ボーイング747の機首が出迎えてくれる「航空科学博物館」


その場所とは、千葉県・芝山町にある「航空科学博物館」。道をひとつ挟んで成田空港と隣接するこの博物館は、空港の展望デッキとは異なる角度から滑走路を一望できるスポットとしても人気。展望室からはJAL・ANAをはじめ、エアライン各社の格納庫が近くに見え、たくさんの航空機が駐機する様子を眺められることもある。

「航空科学博物館」の外観


“伝説のヒコーキ”に触れられる屋外展示!


円形をしたガラス張りの塔が中央に立つ外観は、何だか特撮ヒーローの秘密基地を思わせる印象。さっそく館内に入ろうと思ったが、その前に気になってしまったのが、屋外に展示された航空機やヘリコプターの数々。かつて現役だった機体が静態展示されていて、中には機内に入れる機体もある。なかでも注目は、約50年前に開発された「YS-11」という機体だ。

現在では日本で数か所しか見られない「YS-11」の機体


昨年、三菱飛行機の開発した国産旅客機・MRJが初飛行を成功させて話題を呼んだが、このYS-11はMRJが開発されるまで、日本唯一の国産旅客機だった“伝説のヒコーキ”。昭和37年(1962)に開発され、昭和48年(1973)までに182機が生産された。ここにあるのはその試作1号機で、晴天時は内部に入ってコックピットの様子などを見ることもできる。
関連キーワード

ライター情報: 鈴木翔

1982年静岡県生まれ。東京の中野区在住。お出かけ雑誌、旅行雑誌の編集部を渡り歩いた後、2016年からフリーランスに転身。旅モノを軸に楽しいことなら何でも得意!

2016年8月6日 10時00分

「成田空港の離着陸をひたすら解説「空港ライブ実況」が面白い!」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!