巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

茨城のサービスエリア名物「納豆ドッグ」を食べる

ライター情報:松岡佑季

納豆の聖地・茨城県では、バラエティに富んだメニューがずらり。とんかつ納豆や納豆ラーメンに納豆カレー……。なかでも納豆ドッグはとてもレアで、水戸近隣で提供しているお店は少ないが、密かな人気を博しており固定ファンも多いという。
一体、納豆ドッグとはどんなものなのか?


納豆ドッグを求めて、友部サービスエリアまで



納豆ドッグを販売している茨城県のお店「納豆DOG」に行ってみた。場所は、茨城県のJR友部駅から車で10分ほどの友部サービスエリアにある。高速道路の休息地として、子供も大人ものんびりとしており、茨城グルメも堪能できる場所だ。

こちらが「納豆DOG」! 看板には右からブリトードッグ、アメリカンドッグ、豚とろフランク、コロッケドッグ、ホットドッグ、そして納豆ドッグが。その他にも、しらす納豆、チーズ納豆がありどれも好評とのこと。



納豆の味が目立ち過ぎず、意外とウマイ



早速、お目当の納豆ドッグを注文。パンが焼けるまで2分ほど待機して対面。あっつあつのパンにキャベツとマヨネーズ、そして細長いソーセージと一緒にたっぷりと納豆が入っている。納豆のつやはさすが日本一の生産地!

しかし、そもそも納豆とソーセージ、納豆とケチャップでは合うのだろうか。不安に思いつつも食したら、これが意外にもウマイ。納豆の味が目立ち過ぎず、ソーセージを包み込んでくれるような味わいだ。

どれも主張をせず、お互いを引き立てているような感じである。

ライター情報: 松岡佑季

IT企業の会社員×フリーライター×インタビュアー。東京在住、週末地方。
地方・グルメ・キャリア・Webマーケティング系の記事を書いています。

URL:https://twitter.com/matsuokayuki3

2016年8月11日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!