巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

「台風の日にコロッケを食べる慣習」15周年を迎えていた!

ライター情報:和泉涼
8月も終わりに近づき、最後まで夏を満喫したいという人たちから大ブーイングを受けているのが、ここのところ大量に発生している台風だ。通勤・通学にも影響が出るし、洗濯物もなかなか乾かない。
だがネット上にはある食べ物を利用して台風を楽しもうとする人たちが存在するのをご存じだろうか。なんでも今年はその文化が15周年を迎えたらしく、Twitterなどで話題になっている。

台風と言えば……コロッケ!?


今月21日から22日にかけて、台風11号が北海道、9号は関東に上陸。10号も西日本に近づくという台風ラッシュが発生。するとTwitter上では「台風来てるのにコロッケ食べてない人いるんですか!?」「台風だしコロッケでも作るか」とコロッケを求める人が大量に現れる事態に。




実は、ネット上には「台風の日にコロッケを食べる」という慣習が存在する。雨や風の吹き荒れる台風とほかほかのコロッケという、なんとなくホッとする組み合わせは意外と根付いており、警視庁犯罪抑止対策本部の公式Twitterアカウントも「(コロッケを買いたかったのですが、立ち寄ったコンビニで品切れでした。コロッケのためにコンビニをはしごするのもいかがなものかと思いあきらめました…)」とツイートするほど。

台風コロッケの由来とは?


「台風の日にコロッケを食べる」という文化が始まったのは実に15年前の2001年のこととされている。その年の台風11号が上陸した際に2ちゃんねるに立てられた台風実況スレッドでの「念のため、コロッケを16個買ってきました。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2016年8月22日 16時50分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!