巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

通話できるウルトラマンの科特隊「流星バッジ」が商品化! 着信音は作中音源

2016年は、あの『ウルトラマン』放送開始50年というアニバーサリー・イヤー。それを記念してさまざまなプレミアム・グッズが発売されているのだが、ちょっとこちらを見て欲しい。

『ウルトラマン』科学特捜隊の“アレ”がついに商品化されてしまった!


これは、シリーズ第一作『ウルトラマン』の科学特捜隊の隊員たちが胸元につけていた、あの通信機的な……その名も「科学特捜隊 流星バッジ~Bluetooth(R)搭載送受信機~」!

科学特捜隊のエンブレムをあしらったこの商品、実は手持ちのスマートフォンのBluetooth機能を介して、本体内蔵のスピーカーやマイクで通話できるというガジェット。さっそく、ウルトラマン再放送世代のライター茶柱達也さんにも参加してもらい、機能をチェックしてみることにした。

マイクを伸ばして通話する。ああこの感じ……懐かしすぎる(泣)。

クリップ式になっているので上着ポケットに装着。身につけると妙に気分が高まる一品。


設定は簡単で、スマホ側のBluetoothをオンにして、流星バッジの電源を入れると自動的に接続を行ってくれる。
手持ちのiPhone 6s plusと並べた図。サイズはW22×D70×H28cm、重量は約30gとコンパクト。

数秒間の自動接続作業にも妙にワクワクしてしまう。
電話がかかってくると、『ウルトラマン』でおなじみのあの“ピロロ♪ ピロロ♪”の着信音が鳴り、星の中心にある高輝度LEDライトが点滅。
アンテナを伸ばすとマイク機能がオンになり通話が可能に。このアンテナを伸ばして通話するという仕様はもちろん、着信音にも作中と同じ音源を採用するというこだわりぶりだ。

アンテナを伸ばすことで通話が可能になり、元に戻すと電話が切れる形。アンテナは5cmほどの長さなので、引っ張りすぎにご注意を。



スマホと流星バッジは障害物のないところで最大10m程度まで離して使えるので、会議室の端から端で試してみた。

ライター情報: 古知屋ジュン

カフェオレ&お菓子ジャンキーのフリーライター。好きなもの=ロック、動物(特に猫)、水族館、国産のイケメン

URL:Twitter:@kochiya29

2016年8月25日 08時00分

「通話できるウルトラマンの科特隊「流星バッジ」が商品化! 着信音は作中音源」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!