巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

代々木公園にラクダ? アラブの魅力を堪能できる「アラビアンフェスティバル」へ行ってきた

アラブといえば、砂漠やラクダのエキゾチックなイメージですよね。しかし、中にはテロや戦争などでネガティブなイメージを持つ人もいるのではないでしょうか。

まだまだ知らないことが多いアラブ諸国。その魅力を体感できるイベントが代々木公園イベント広場で行われました。アラブづくしのイベント『Arabian Festival(アラビアンフェスティバル)』の様子をレポートします。



エキゾチックなダンスや音楽。ステージでのアラビアンショー


広場にあるステージステージでは、ベリーダンスや、民族衣装のファッションショー、アラブの魅力を語るトークショーなどが行われていました。

歌う親善大使、井上碧さん。アラビア語の曲はもちろん、アラビア語の曲を日本語に翻訳した曲も披露。翻訳バージョンは、祖国愛たっぷりの歌詞が印象的です。


アラブの伝統的な撥弦楽器であるカーヌーンを演奏する、増田真吾さん。カーヌーンは台形の箱に多数の弦を張って琴のようにはじいて音を奏でます。



サックス、バイオリン、ベース、キーボード、カーヌーン、ドラム、パーカッションで構成されたバンド。ノリの良い曲が会場に響き渡ります。



「忍者ビール」登場! アラブ料理を堪能


こうしたフェスティバルの楽しみと言えば、なんといっても各国の料理でしょう。



エジプトの伝統的なごはん料理『コシャリ』。ごはんの中にはショートマカロニと豆が入っており、トマトソースと一緒に混ぜ合わせて食べます。
関連キーワード

ライター情報: 舟崎泉美/イベニア

小説、脚本(映画、舞台、ゲームなど)の他、雑誌、WEBに、記事を寄稿。『ほんとうは
いないかもしれない彼女へ』で、第一回本にしたい大賞受賞。

URL:http://izumishiori.web.fc2.com/

2016年9月16日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!