巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

雷のときはかかとをあわせてつま先立ち→これ、なんで?

ライター情報:田幸和歌子

雷にはくれぐれもご注意を(画像はイメージです)。

[拡大写真]

いくつもの落雷事故が報道された今年の夏。

先日、娘が学校から配布されたプリントには、雷の特徴として「周囲より高いものほど落ちやすい」「グラウンド等の周囲の開けた場所にいると直接人体に落雷することがある」といった一般的な記述の他に、初めて見る落雷対策が書かれていた。
それは、「両足のかかとを合わせてつま先立ちする」というもの。
これって、なぜ?

気象庁職員も初耳


気象庁「天気相談所」に聞いてみると、複数の職員の方に確認したうえで「初めて聞きました。気象庁では特に勧めてはいません」といった回答があった。
また、地域の防災課でも「聞いたことがないですね」。
娘の学校は理系に力を入れている高校なのだが、もしかして理系的観点による注意なのだろうか。
『大人のための高校物理復習帳』(講談社ブルーバックス)等、多数の著書を持つ、共立女子中学高等学校教諭の桑子研先生に聞いてみたところ、「足を閉じることは、電気工学的な観点でいえば電流が流れにくい、という程度の対応策だと思います」として、次のようなメカニズムを説明してくれた。
「まず足を開いていると、並列回路になります。雷が近くに落ちた場合、電流がその場所から広がっていきますが、足を開いていると、片方の足から股間にいき、もう片方の足まで通ってしまいます。体脂肪が測れる体重計も同じように弱い電気を流しています。人間は電気抵抗が低く、電気が通りやすいですね。電気が体に通るとダメージをうけます。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2016年9月24日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!