巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

5

『シン・ゴジラ』の勢いが止まらない! 大盛り上がりの「発声可能上映」に潜入


TOHOシネマズ新宿にて、9月15日に『シン・ゴジラ』の“発声可能上映”とキャスト・スタッフによる舞台挨拶が開催された。話題の“発声可能上映”はこれまでに 東京で2度開催されたが、チケットはいずれも即完売という人気ぶり。今回の“発声可能上映”は舞台挨拶の模様を全国25の劇場で生中継するというものだ。
発声・コスプレ・サイリウムの持ち込みOKの上映イベント、今回も様々なコスプレのお客さんが多く、会場が賑わっていた。


発声可能上映の会場へ潜入!


“発声可能上映”の9月15日(木)19:30の回。平日にもかかわらず、今回もチケットは数分で完売してしまった。
今回の“発声可能上映”の会場TOHOシネマズ新宿

コスプレOKなだけあって、衣装着用やうちわなど、思いおもいの小道具を手にした人の姿が目立つ。
ゴジラのコスプレ

東宝をスカートに縁どったコスプレのお客さん

巨災対の矢口のコスプレ

Wゴジラ

手作りのゴジラ第二形態、通称「蒲田くん」を連れた方も

マフィア梶田が演じたカヨコ・アン・パタースン(石原さとみ)のボディガードの姿まで!

上映を知らせるアナウンスと共に、皆すいこまれるように会場へと入っていく。

まずはスタッフによる説明が終わり、通常の映画と同じように「ノーモア・映画泥棒」のCMから映像が始まる。この時点から音楽に合わせて客席から手拍子が始まり、お決まりの「東宝」のロゴがスクリーンに映し出されると客席からは「東宝―!」「東宝ありがとう」「愛してる」など掛け声がかかり始めた。

以降、スクリーンに映し出される『シン・ゴジラ』の本編映像に合わせ、初めは小さかった客席からの声も徐々に大きくなり、映像のシーンに合わせ、赤や青、緑と色を変えてサイリウムが降られていた。まるで生のライブを楽しんでいるような雰囲気だ。

ライター情報: すがたもえ子

旅と祭と妖怪と温泉が大好物なフリーライター。面白そうなこと大好き。猫をこよなく愛しています。

2016年9月16日 11時00分

「『シン・ゴジラ』の勢いが止まらない! 大盛り上がりの「発声可能上映」に潜入」のコメント一覧 5

  • ねこ侍 通報

    ゴジラコスはわかるが、東宝コスとは

    8
  • ネコおばさん 通報

    ヒロミまわりでスピンオフつくってほしい~~!

    7
  • 匿名さん 通報

    後妻業かゴリラを見るかで ゴリラを見に行ったよ ゴリラにして正解だったわ 後妻業は大阪のおばちやんばかりで ビックリ!

    6
  • あびしにあん 通報

    いずみーーーーーーーーーーーん♡♡行きたかった!

    5
  • 匿名さん 通報

    尾藤さんかわいすぎぃぃぃぃいいいいいいいい!!

    5
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!