巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

東京メトロとパリ地下鉄、マナーポスターから見る日仏の国民性の違い

ライター情報:加藤亨延
日本でも海外でも電車に乗る際にマナーを守れない人がいる。駆け込み乗車や無理な乗車という行為は、他人に迷惑をかけるだけでなく、一歩間違えば本人も危険に巻き込まれてしまう。これら注意を呼びかけるため、鉄道各社は駅構内にポスターを掲げ、乗客にマナーを呼びかけることがある。



日仏のポスターを比較してみると……


例えば東京メトロのマナーポスター。月替わりで更新され、2016年度の場合、7月は「順序良く列に並んで乗車しましょう」、8月は「車内での大きな荷物の取り扱いには注意しましょう」、9月は「歩きスマホなどはせず周囲に注意して歩きましょう」といった具合に展開されている。




じつはこのようなポスター、フランスにも存在する。マナーの定義はその国の文化によって異なることがあるものの、禁止行為や人が他人からされて嫌だと感じる行為は、人間なら大枠で共通することが多い。そのため注意を呼びかける内容も似ている。

パリの地下鉄やパリを中心とした近郊路線を運営するパリ交通公団(RATP)が今夏掲げていたマナーポスターは、「駆け込み乗車はやめましょう」「混雑時の無理な乗車はやめましょう」「扉が閉まる音が鳴ってからの降車はやめましょう」といった内容だ。日本と同じくイラストを用い、「不注意による重大な事故が毎日起きている」ことを喚起する内容だ。

(c)RATP


これら2カ国のポスターを比較してみると、イラストという点で共通しているものの、それぞれの表現方法には国柄がとても出ている。
関連キーワード

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2016年10月10日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!