巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

まるでアメリカのお菓子?ベトナムのコンドームが毒々しすぎる


子どもの頃、コンドームの自動販売機を指してあれは何だと母親に聞いたところ、「悪い子が生まれないようにするためのものよ」という回答が返ってきたことがある。

「悪い子」という表現はいささか偏っている気がするが、何しろ30年近く前の時代の風潮というものもあるし、突然ぶつけられた難問に対してとっさに答えたにしては上手く言ったもんだなと思う。という訳で、今回はコンドームのお話をさせていただきます。

オカモト登場前は、無法地帯だったベトナムのコンドーム界


ベトナムのコンビニのレジ脇で売られるコンドーム。


筆者の住むベトナムでは、2014年に日本でもお馴染みのオカモトがコンドーム市場へと参入し、今ではコンビニやスーパー、薬局などで気軽に高品質のコンドームを購入できる環境になった。とくにいくつかのコンビニでの置き場所は決まってレジ脇であり、日本では整髪料や洗顔料などに紛れるようにひっそりとある状態と比べると堂々としたもの。

これは、コンドームの購入を恥じらう風潮が残るベトナムでの、注意喚起という意図もあるのだろう。つい今年の9月にも、恥ずかしくてコンドームを買えない若いカップルが、こともあろうかラップで代用したために病院の世話になってしまうというニュースがあったばかり。真偽はともかくとして、つい5年前には「ベトナム人が一生に付き合う異性は一人か二人」と聞いたくらいなので、「恋人と避妊をするなんて」という考えがあったのかもしれない。

街で見かけたロゴ入りのレインコート、巨大なコンドームのようで私は着たくない

今でこそオカモトと、世界一のシェアを持つDurexの二強だが、それまでのベトナムでは、政府機関によって無料配布されたものと、海外から非公式に持ち込まれたものの二種類が存在していた。
関連キーワード

ライター情報: ネルソン水嶋

ベトナム在住。現地の事情や、たまに東南アジア全体のコネタを提供。写真の服はドリアンです。

URL:Twitter:@nelson_mzsm

2016年10月20日 20時00分

「まるでアメリカのお菓子?ベトナムのコンドームが毒々しすぎる」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!