巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

日本初のマグカップで味わう、龍馬気分で飲みたい「幕末コーヒー」とは?

ライター情報:まめこ
寒くなってきて、熱いコーヒーがよりおいしい季節となってきた。日本におけるコーヒーは1700年頃、江戸幕府初期に長崎に停泊したオランダ船により伝えられたとされている。鎖国時の日本で、唯一、世界への窓口であったのが長崎の出島であり、オランダ商館があったことからだとか。

日本人で初めてコーヒーを飲んだのは太田蜀山人(おおたしょくさんじん)という人物とされており、「こげ臭く味わうにたえず」と書いている。そういえば、三谷幸喜脚本のNHK大河ドラマ「新選組!」でも石黒賢演じる桂小五郎がお膳にのせたコーヒーを飲むシーンがあったが、あまりの苦さに思いっきり顔をしかめていましたっけ……。

坂本龍馬も日本初の会社とされる「亀山社中」を長崎で作り、いち早くブーツを履くなど新しもの好きだったことから当然、コーヒーも味わったことがあったはず。当時は限られた人の飲み物だったコーヒーも次第に洗練され、庶民が気軽に味わえるものとなっていったわけだが、そんなコーヒーの黎明期、幕末の志士たちが味わったコーヒーはどんな味だったのだろう……。

と、そんなロマンをかきたててくれる、「幕末コーヒー」なるものを長崎で発見。

コーヒー好き&幕末好きとしてはこれは見逃せない! ということで早速入ってみることに。



バタヴィア産の豆を、当時の文献を参考に焙煎



「幕末コーヒー」は、いかにも長崎らしい異国情緒が漂う「大浦天主堂」や「グラバー邸」のすぐそばにある私設美術館、「長崎南山手美術館」併設のカフェ「Museum Cafe 南山手8番館」がオリジナルで出しているもの。

ライター情報: まめこ

かわいいもの、甘いもの、古いものを愛するフリーライター。好物=ほうじ茶

2016年10月20日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!