巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

美容師にはなぜハゲがいないのか、美容師さんに聞いてみた

ライター情報:田幸和歌子

オシャレなハゲの見せ方も熟知しているんです(画像はイメージです)。

[拡大写真]

ネットでときどき見かける疑問、「美容師にはなぜハゲがいないのか」。

言われてみると、確かに自分も見たことがない気がする。

美容師さんならではのヘアケア術があるのか、あるいは「力士のまげが結えなくなったら引退」などと都市伝説的(?)に言われるのと同じく、美容師さんもハゲたら引退とか? そんなわけないか……。
美容師さんたちに聞いてみた。


「ハゲてる美容師はいない」と思う理由


「美容師にハゲがいないなんて、単なるイメージだと思いますよ。ただ目立たないようにうまくセットしているだけなのでは? それと、薄くなってくると、スキンヘッドにしている人は多いですね。ずっと帽子をかぶっている人もけっこういます」と言うのは、都内の40代男性美容師さん。
ちなみに、美容師学校の同窓会をときどきやっているそうだが、最近集まったメンバー20名弱のうち、半分くらいは薄くなったり、ハゲたりしていたと言う。
「美容師対象の新商品説明会などもあるんですが、実際、集まっている美容師の半分とまではいかないにしても、3分の1くらいはハゲているか、薄くなっていましたよ」(40代男性美容師)

また、「サンプル数」の少なさを指摘する声もあった。
「女性の場合、ネット予約やクーポンなどでいろいろな美容院を転々とする人もいますが、たいていは決まった店に通いますよね。すると、自分の知っている美容師がハゲてないと、『ハゲてる美容師を見たことがない』ということになるだけでは?」(40代男性美容師)
美容師さんの中で髪が増えた人もいるそうだが、
「何か特別なケアとかしたわけじゃなく、育毛剤で増えた人や、AGA治療薬を使った人とか、普通の方法でしたよ」と言う。
関連キーワード

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

2016年11月1日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!