巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

障害者はゴミでも天使でもない! 当事者たちが訴えるライブイベント

ライター情報:太田サトル

<障害者はゴミではないし天使でもない! わたしたちは十人十色のワンオブゼム、これはあなたも含めた人間賛歌だ!>

11月3日、こんなフレーズをかかげたライブイベントが、東京・幡ヶ谷のライブハウス「HOME of CLUB HEAVY SICK」で開催される。

今回のイベントに出演するのは2組。
1組目は、さいたま市の障害者団体「虹の会」が運営し、主に知的障害者が働く大型リサイクルショップ「にじ屋」のメンバーを中心とした“ちんどんバンド”、「スーパー猛毒ちんどん」。
スーパー猛毒ちんどん

ちんどんというものの、基本はロックショーバンド。<障害者は(健常者に)勇気を与えるために生きてるわけじゃない>と掲げ、お世話される対象という巷の障害者像を壊したいという。

もう一組が、心身障害者のパフォーマンス集団「こわれ者の祭典」メンバーで、朗読詩人の成宮アイコ。
成宮アイコ

不登校やリストカットを経て社会不安障害と診断され、その時の思いを詩にし、楽器の演奏に合わせたりした「絶叫朗読」を行うようになる。
メンタルヘルスの当事者として、「生きづらさ・不登校・精神障害」をテーマに、共感する人とのつながりを紡ぎ出していく。



普通にしているだけなのに応援されてしまう


イベントタイトルは、<スーパー猛毒ちんどんvs成宮アイコ 逆襲のロックショー>。
“vs”といっても、対決するわけではなく、2組によるコラボパフォーマンスも行われる予定だ。
2組のコラボのきっかけは、成宮がスーパー猛毒ちんどんのライブを見たことだった。

ライター情報: 太田サトル

学生時代からそのままフリーライター業。雑誌中心に執筆、ときどき編集。 好物=ガンプラ、パンクロック、ラーメン

2016年11月2日 11時00分

コメント 2

  • サニー 通報

    サンキュー。人は、肉体ではなく、心だと思うことがよくある。私は、一所懸命、生きていきたい。死ぬ その日まで。

    3
  • タミーラ 通報

    趣味でブラジルのパンデーロ叩いてるおっさんです。「障害者」は劣ってる訳じゃなくって、多数者の都合で作られている社会で苦労してるだけですよね。 楽しそうだなあ。パーカッションで、仲間入りしたいなあw

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!