巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

フランス人に永谷園お茶づけ「東海道五拾三次カード」を見せたら美しいと評価

ライター情報:加藤亨延
京都のシンボル三条大橋とパリを象徴するエッフェル塔

かつて永谷園のお茶づけ商品におまけで入っていた浮世絵カードが復活した。今の20歳より若い世代は馴染みがないかもしれないが、1965年から97年までの約30年間、永谷園のお茶づけ商品には浮世絵や海外の名画を印刷したカードが、おまけとして封入されていた。「東海道五拾三次」、「喜多川歌麿」「東洲斎写楽」「富嶽三十六景」「ルノワール」「ゴッホ・ゴーギャン」「印象派(マネ、セザンヌ、ドガ、スーラ)」「シルクロード・中国編」「竹久夢二」「日本の祭」の全10種類を展開していた。
今回、歌川広重の「東海道五拾三次」のカードが復刻。各宿の浮世絵が商品に1枚ずつ付いてくる。
全55種ある「東海道五拾三次」フルセット

浮世絵は海外での評価も高い。特に19世紀後半のフランスでは、モネやゴッホなど多くの画家が、当時開国により日本から流入した浮世絵の作風に影響を受け、ジャポニスム(日本趣味)という呼ばれる流れが起きた。現在でもしばしば浮世絵の企画展が開かれ、人々の関心を集めている。そんな歴史的にも接点があるフランスで、同じ浮世絵でも永谷園のお茶づけに付く浮世絵カードはどのような感想を持たれるのか。実際に聞いてみた。
以前パリで開かれた「HOKUSAI」展の様子


「フランスでも発売するの?」と興味


実際のカードをフランス人に見せつつ周囲で聞き込んでみた結果、評価は総じて前向きだった。

「浮世絵? 好きだよ、綺麗だよね」「とても美しいね」「少しでも教養あるフランス人であれば、浮世絵は誰でも知っているよ」「これ北斎? 違うの? ああ広重ね」「浮世絵はフランス人にとても人気さ。

ライター情報: 加藤亨延

ジャーナリスト。日本メディアに海外事情を寄稿。主な取材テーマは比較文化、および社会、政治。取材等での渡航国数は約60カ国。ロンドンでの生活を経て現在パリ在住。『地球の歩き方』フランス/パリ特派員ブログ

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/paris/

2016年11月25日 11時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!