巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

そうだったのか!レトロな「からくりおみくじ自販機」誕生秘話

ライター情報:石水典子
東京・八王子の子安神社に設置されている獅子舞のからくりおみくじ自販機

神社に行くと、ついおみくじをひいてしまうという女性は多いんじゃないでしょうか? 最近設置されているおみくじは、お金を入れると出てくる自動販売機が主流です。それにからくりが付いたものがあるってご存じですか?






「からくりおみくじ自販機」とは、おみくじの自販機に、江戸時代にあったからくり人形を組み合わせたもの。かわいいキャラクターがくじを運んできたり、踊るからくりもあります。どうやって製造しているんでしょうか? 製作・販売を行っている株式会社アピエスに話を聞きに行ってきました。

うさぎさんに目玉の親父、雅楽の演目でおなじみの蘭陵王……からくりおみくじ自販機の作り方


からくり付きのものは商業施設と神社にあるものを合わせて、全国で10数台しかないそうですね。どうして数が少ないんでしょうか?

株式会社アピエス 代表取締役社長 小口満夫さん


「弊社は、商業施設に設置しているからくりおみくじ自販機を中心に展開していて、全てオーダーメードで受注しています。からくりにかかる費用は1台400万ほど。お安めのものでも150万くらいかかります。量産機と違い高額ですし、設置できる場所も限られています。修理やメンテナンスをすれば長期的に使えることもあり、数は少ないんです」

からくりおみくじ自販機の寿命は、10~20年くらい。ロボットの関節部分などを動かしているモーターは消耗品なので、定期的なメンテナンスは必須なんだとか。

今まで手掛けてきたものでは、埼玉県川越市、横浜中華街にある「蘭陵王(らんりょうおう)」、福岡県門司港の「バナナマン」、富士急ハイランドの「目玉のおやじ」、東京スカイツリーにあるうさぎのからくりなどがあります。

ライター情報: 石水典子

現代美術、メディアアート、骨董・民藝品、壁のシミまで、造形物をこよなく愛するライター

2016年11月28日 10時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!