巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

ラジカセがヒップホップ誕生に影響与えた? アナログ合体家電「大ラジカセ展」に行ってきた

ノスタルジーだけじゃない新しさ。ラジカセとそのカルチャーを楽しむ展覧会「大ラジカセ展」が東京・池袋パルコで開催中だ。
Photo:harumi obama


展示されているのは、家電蒐集家・松崎順一さんの5,000点にもおよぶコレクションからセレクトされたラジカセ、約100点。松崎さんの解説とともに、各コーナーを紹介していこう。


AIWA「TPR-101」は日本で最初に生まれたラジカセで、1968年に1号機が製造された。当時まだラジカセという言葉はなく、ラジオ録音機と呼ばれていた。

ラジカセの基本形「スタンダード」



ベーシックなラジカセが並ぶ。1973~79年ぐらいに発売されたものが中心だ。当時の購買層は大人の男性。そのためシルバー、黒、グレーが多く地味な印象。男性が好みそうな高級感・メカニカル感を演出している。

日本で最初のダブルラジカセ「SHARP GF-808S」
 

カラフルな「カジュアルラジカセ」



1979~80年代前半、男女ともにファッショナブルになる時代だ。それに合わせ若い人向けのポップでかわいいラジカセが好まれるようになる。カタログにも女性アイドルやアイドルが起用されている。
当時のカタログ。女性タレント・アイドルが起用され、明るいイメージだ


この時代でもっとも有名なラジカセが、SANYOのU4である。青春時代に見覚えのある人も多いだろう。
SANYO「MR-WU4mk3」


いま見ると面白い「チープ&キュート」



自由でユニークなラジカセも生まれている。UFOのようなものや、ビビッドなカラー、自転車に付けて走りながら音楽を聴けるものなど、さまざまだ。

ラジカセ「UFO」。インベーダーゲームの影響だろうか。メーカーは不明

ノベルティーとして製作されたラジオ

サイクリング・ステレオ・カセット


子ども向けのラジカセも発売していたソニー。
関連キーワード

ライター情報: 村中貴士/イベニア

大阪出身。日々エッジの効いたネタを探し続けるフリーライター。得意ジャンルはサブカル、テレビ、
音楽、現代アートなど。自称・無料イベントマニア。

URL:Twitter:@LR445

2016年12月17日 08時00分

「ラジカセがヒップホップ誕生に影響与えた? アナログ合体家電「大ラジカセ展」に行ってきた」のコメント一覧 1

  • 匿名さん 通報

    持ってたWカセや!懐かしいな~ 縦型レコードプレーヤーを内包したやつとか、色々斬新なのもあったんですよね・・・

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!