巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

デスクワーク中の「ぽっこりお腹」 コッソリ防ぐ方法を教えてもらった

ライター情報:石原亜香利

デスクワークで長時間座っていると、どうしても猫背になり、お腹がたるんでしまう。そして下腹部だけが出る「ぽっこりお腹」を形成してしまうのだ。どうすればこのぽっこりお腹を改善できるのか。実はわざわざ家で腹筋をやることなく、デスクワーク時に、周囲に気づかれずにぽっこりお腹を解消するトレーニング方法があるという。

パーソナルトレーナーの杉山舞さんに、そのデスクワーク中にコッソリぽっこりお腹を防ぐトレーニング法を4つ教えてもらった。



1.姿勢を正して、体幹部を強化する


「長時間同じ姿勢でいると、どうしても姿勢が悪くなってしまうものです。頭が前に突き出し、頭の重みが肩や背中にかかり、腰と背中が丸まってしまいます。こうして姿勢が悪くなると体幹部を使えず、身体に負担をかけてしまいます。ポイントは、日常の姿勢をより正しく意識して実践していくこと。そうすることで、体幹部分を自然と使えるようになり、結果ぽっこりお腹の改善につながります」

<やり方>
(1)背中を背もたれに付けず、浅めに座る。
(2)骨盤を起こし、背筋を伸ばす。
(3)お尻の下にあるゴリゴリとした骨「座骨」を椅子に押し付け、顎を引き、頭のてっぺんは天井に引っ張られているイメージを持ち、上半身を上下に引っ張り合いっこする。

「このように、慣れない姿勢をずっと意識するというのはとても大変なこと。まずは気付いたときに姿勢を正すようにし、何度も繰り返していくなかで、正しい姿勢の習慣がつきますよ」

2.お腹を凹ませて、腹圧を高める「ドローイン」


「腹筋は腹直筋、内腹斜筋、外腹斜筋、腹横筋と4つの層に分かれています。
関連キーワード

ライター情報: 石原亜香利

ウェブ・雑誌などで執筆するライター。美容・健康・ダイエットネタからビジネス・マネーネタまで、人が知りたい情報をとことん突き詰めてご提供中。

2017年1月4日 10時00分

「デスクワーク中の「ぽっこりお腹」 コッソリ防ぐ方法を教えてもらった」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!