巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

1

創刊60周年「りぼん」名キスシーン勢揃い 元りぼんっ子、スカイツリーで悶絶

2017年1月27日 07時50分 ライター情報:舟崎泉美/イベニア
全盛期には250万部もの部数を発行した、月刊少女漫画『りぼん』。1980年代から1990年代にかけて多くのりぼん作品が、全国の乙女たちの胸をキュンキュンさせていました。

当時胸キュンした乙女たちに送るコラボイベント「250万乙女のときめき回廊 at TOKYO SKYTREE」が3月31日まで東京スカイツリー(東京都墨田区)で開催されています。
(C)彩花みん、池野恋、一条ゆかり、小花美穂、高須賀由枝、水野めぐみ、矢沢あい、矢沢漫画制作所、吉住渉/集英社・りぼん (C)TOKYO-SKYTREE


当時りぼんっ子だった筆者も、早速行ってきました!

空の上で胸キュンできる“空キュン”イベント


りぼん創刊60周年を記念して開催されているこのイベント。

高い場所に上っての“ワクワク”“ドキドキ”する感覚と、当時の気持ちを思い出し“ワクワク”“キュンキュン”“ドキドキ”する感覚を、同時に体験することができる“空キュン”イベントです。

まずは天望シャトル(エレベーター)に乗り、上空へ。天望シャトル内は当時の人気作品の“恋のはじまり”を感じさせる名シーンで彩られています。
(C)集英社・りぼん (C)TOKYO-SKYTREE


当時を思い出しドキドキしながら地上445mへ到着すると、懐かしい40周年記念号の表紙と、イベントのために作られたオリジナル表紙のフォトスポットが出迎えてくれます。表紙や背表紙も凝っており、細部まで楽しむことができます!
(C)集英社・りぼん (C)TOKYO-SKYTREE

(C)集英社・りぼん (C)TOKYO-SKYTREE


そして、天望回廊の壁ぞいには様々な胸キュンシーンがずらり。窓側には『恋する望遠鏡』があり、中を覗くと誰もが胸をときめかせた「名キスシーン」を見ることができます! まさに空キュン。
関連キーワード

ライター情報: 舟崎泉美/イベニア

小説、脚本(映画、舞台、ゲームなど)の他、雑誌、WEBに、記事を寄稿。『ほんとうは
いないかもしれない彼女へ』で、第一回本にしたい大賞受賞。

URL:http://izumishiori.web.fc2.com/

コメント 1

  • 匿名さん 通報

    「姫ちゃんのリボン」「ママレードボーイ」の頃の表紙だね。上の方にしっかり「ちびまるこ」も居たりする。単なる1雑誌ではなく、ドリームチームだった印象だなー。

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!