巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

『ムー』監修、都市伝説ガチャアプリの「レア度」が謎

ライター情報:和泉涼

コアな人気を集める『月刊ムー』監修によるスマホアプリ「【ムー認定】超都市伝説ガチャ~オカルトミステリーの決定版!~」(以下、「超都市伝説ガチャ」)が登場した。タップエンタテインメントからリリースされた同アプリは、『ムー』編集部が厳選した記事を、ゲーム感覚で集めることができる。しかしそれらに設定された「レア度」がよくわからないとネットで話題になっている。

都市伝説をコンプリートを目指せ!


アプリの遊び方はいたって簡単。画面中央で紫色に光る謎の水晶を回すだけで、水晶の中に封印されていた都市伝説カードが解放され、『ムー』編集部厳選の秘蔵映像や解説を読み取ることができる。カードは全部で150種類存在し、エジプトの大ピラミッドやネッシーといった大定番の都市伝説から、アタカマの巨人地上絵やグリンニングマンなど「そこもあるのか!」と、『ムー』愛読者なら嬉しくなる都市伝説が幅広く収録されている。また貴重な資料を手に入れられるだけでなく、カードを集めていく中で隠された暗号を解読していく楽しみもある。

収録されているカードには、それぞれ星1つから星5つまでのレア度が付けられており、例えば人面グモは星1つに対し、ロズウェル事件は星5つといった具合だ。Twitter上でも「レア度の基準がよく分からん! そもそも都市伝説の正しいレア基準が分からん!」と、と反響が上がっているが、「☆5の演出は熱かった…」と激レアカードを引いた時の興奮は凄まじいようだ。
関連キーワード

ライター情報: 和泉涼

フリーライター。都内在住。

2017年2月2日 18時00分

「『ムー』監修、都市伝説ガチャアプリの「レア度」が謎」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!