巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

自分で『鉄腕アトム』が作れる時代に! ロボット「ATOM」は何がすごいのか?

ライター情報:古屋江美子

自分で『鉄腕アトム』を作る時代がやってきた!


日本を代表するロボット・キャラクター『鉄腕アトム』。1951年にコミック誌での連載が始まり、1963年にはテレビアニメに登場して、大ヒットした。そんなアトムは21世紀生まれという設定だが、ついにロボットという形でやってきた。

講談社は『コミュニケーション・ロボット 週刊 鉄腕アトムを作ろう!』を4月4日に発売する。全70号からなり、合計130のパーツを組み上げていくと、2018年9月には、鉄腕アトムを元にモデリングしたロボット「ATOM」が完成する。自分の手で鉄腕アトムが作るなんて、なんだか夢のような話だ。
ドライバー1本で組み立てOK



ATOMはいわば家族の一員


ATOMは日本初の本格的なキャラクター型コミュニケーション・ロボットであり、「家族の一員となるロボット」を目指して開発された。最新の人工知能(AI)が搭載されており、最大12名までの家族を認識。年齢や性別はもちろん、趣味嗜好もおぼえてコミュニケーションができる。しりとりやなぞなぞをして一緒に遊んだり、落ち込んでいたら元気づけたりもしてくれる。

胸の部分にはタッチパネル付き液晶ディスプレイが搭載されており、絵本の読み聞かせをしてくれたり、ラジオ体操の映像を見せながら体操をやってくれたりもする。

動作も滑らかだ。「ねえATOM、アトムポーズやって!」と言ったら、「アトムポーズですね! わかりました」といって、かっこよくアトムポーズを決めてくれた。ちなみにATOMの声は、2003年からアニメ「鉄腕アトム」の声を担当している声優の津村まことさんだ。

ちなみにATOMは自己診断もして、調子が悪いときにはみずから教えてくれるというから頼もしい。
関連キーワード

ライター情報: 古屋江美子

フリーライター。旅とグルメを中心にウェブや雑誌で執筆中。地元山梨びいき。
好物=昼寝、ビール、読書(どれもビーチかプールサイドなら尚良し)

2017年2月23日 12時20分

「自分で『鉄腕アトム』が作れる時代に! ロボット「ATOM」は何がすごいのか?」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    空を飛ぶからアトムだろうが!?

    6
  • 顔無 通報

    約20万のおもちゃか新たなクラウドツールか ? 例えば組み立ても初期からコミュニケーション、クラウドを前面に出せば作る楽しみ出来るかも? 企業のやる気と視野が問題

    5
  • アストロ・ボウイ 通報

    漫画のアトムが実体化したのはうれしいけれど、皮膚を人工皮膚にできなかったのかな。後からでも良いのでスーツを着せる感じで追加したほうがいいと思うニャ。アトムのかわいらしさの肝の部分だニャ。

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!