巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

「麺屋空海」の米国進出店で「ラーメンすすりコンテスト」開催 お客の反応は?

2017年3月16日 07時45分 ライター情報:シカゴ/あらた
「輝月」で人気のゆず塩ラーメン

ラーメンと言えば「ラーメンヌードル」と呼ばれる、袋入りインスタント即席ラーメンが主流だったシカゴ。NYやLAに追いついたのか、ようやくラーメンブームに火がついて来たような感じがある。

そんなシカゴに、日本のラーメンチェーン「麺屋空海」のフランチャイズ店「輝月」がオープンしたのが昨年3月(2012年にシアトルで米国1号店を開店)。現在、オープン一周年記念イベントとして「ラーメン・スラーピング・コンテスト」が開催され、シカゴのメディアで盛り上がっている。
「スラーピング」とは「すすって食べる」という意味で、ラーメンをすする様子を撮影して応募、毎週3人優勝者が選ばれ、お好きなラーメン一杯を無料で提供するという企画だ。
コンテスト撮影中


「ラーメンを通して日本の歴史や文化などを学んでもらいたい」


食事の際のマナーとして一番大事な「音を立てずに食べる」という欧米文化。
それと真っ向から対抗するかのような「音を立てて食べる」日本の麺の食べ方。

そんなカルチャー対決になりそうなイベントをあえて企画したのが、「輝月(Kizuki Ramen & Izakaya)」のオーナー兼店長・ケビンさん。

「ここに来てくれるお客さんに、ラーメンを通して日本の歴史や文化などを学んでもらいたいと思っているんだ。すすり方にしても、大きな音を立てて食べると美味しいアピールに繋がって、シェフにも無言の感謝をしているようなものだし、日本の文化は奥深いからね。実際、すすって食べた方が絶対に美味しいよね」
「輝月」の店内

関連キーワード

ライター情報: シカゴ/あらた

シカゴ在住の兼業フリーライター。音楽から何からいまだに80年代カルチャーをひきずって生きている。世界墓地巡りが好きな根っからの追っかけ派。

URL:http://tokuhain.arukikata.co.jp/chicago/

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    厳密に言うとスラープではなく、バキューム。 スラープだと、どうしてもチュルチュルになってしまう。

    3
  • 匿名さん 通報

    ラーメンは大好物だけど、熱いの苦手だからすすれない…

    2
  • 匿名さん 通報

    すすっても、すすらなくても味は変わらないと思うから、無理にすすらなくてもいいんじゃないだろうか

    2
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!