巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

2

まるで米粉のアート? 信州の春の餅菓子「やしょうま」がレシピ本に

2017年3月22日 11時40分 ライター情報:田幸和歌子
信州では春になると作られる餅菓子「やしょうま」。
信州の春にはおなじみの餅菓子「やしょうま」。これは「うめの花(応用)」。

お釈迦様が亡くなる直前にヤショという弟子が作った団子を差し出すと、それを食べたお釈迦様が「ヤショ、うまいな」と言ったという話など、その名の由来には諸説ある。

作り方は地域や家庭によっても様々で、青のりや黒ゴマが入った細長い棒状の伝統的なものから、切ると断面に花模様などがあらわれるものまである。
「信州小川村の春」。桜の花や菜の花まで表現されています。

もともと各家庭で作り方が口伝えに受け継がれたり、絵柄のあるタイプは地域の婦人会や若妻会などで講習会が行われたりと、広まってきた。
しかし、そうした、やしょうまを食べたことがない人や知らない人でも、誰でも作れる、作りたくなるレシピ本が今年1月に発売された。

松本博子さんの『やしょうまレシピ帖』(しなのき書房)である。

出版のきっかけについて、しなのき書房社長の林佳孝さんは言う。
「古くから涅槃会(ねはんえ)に食べられてきた、やしょうまですが、昨今は作り手もいなくなり、こうした風習もなくなりつつあります。また、わずかな作り手も高齢化しており、親から伝えられて目分量で作ることが多いため、信州の伝統、郷土食を後世に伝えるために出版しました」

郷土料理研究家の横山タカ子さん(NHK『きょうの料理』、著書多数)の推薦で会ったという松本博子さんは、長年幼児教育に携わってきた傍ら、30余年もの間、やしょうま作りに情熱を注いできた方で、小中学校や公民館などでやしょうまの講習会の講師も務めているそう。

松本さんの作るやしょうまの特徴は、色素などは使用せずに天然素材だけを用いていることや、様々な美しい絵柄があること。
実際、同書で紹介された35種のレシピを見ると、ベーシックなうめの花やさくらの花模様から、しあわせのクローバー、サクランボ、ブドウ、パンダやウサギ、ライオンなどの動物、非常に繊細で淡い色合いの「満開のさくら」「信州小川村の春」といった絵柄まで、実に幅広い。

ライター情報: 田幸和歌子

書籍出版社、広告制作会社を経てフリーに。月刊誌・週刊誌・夕刊紙などで執筆中。

コメント 2

  • 匿名さん 通報

    釈迦が日本語しゃべったということ??

    0
  • 匿名さん 通報

    なんて美しいんだろう! こんな郷土料理がある長野羨ましい。

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!