巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

ラオウがわかれば稀勢の里がわかる! 横綱と『北斗の拳』の関係とは?

撮影:コアミックス

稀勢の里が横綱になった記念の化粧まわしに描く刺繍の絵に『北斗の拳』を選んだ――それもケンシロウではなくラオウを選んだ。
それは、653万部時代の「週刊少年ジャンプ」編集長であり、『北斗の拳』の担当編集者であった堀江信彦氏(「月刊コミックゼノン」を編集するコアミックス代表取締役)と以前から親交があり、堀江氏が「横綱になったら化粧まわしを作るよ」と約束していたからだった。
このエピソードは、テレビやスポーツ新聞などで多数取り上げられた。

撮影:コアミックス


しかし、なぜラオウだったのか? 稀勢の里はラオウのどこに自分と相通じるものを感じたのか? 『北斗の拳』本編と絡めて突っ込んだ記事は極めて少ない。
生い立ちから、2017年春場所でのケガを押しての優勝に至るまでを描いたマンガ『横綱覇王伝説 稀勢の里』制作のため、稀勢の里にたびたび取材してきたコアミックス・花田健氏に、『北斗の拳』と稀勢の里が共振した漢(おとこ)の美学について訊いた。

マンガアプリのリリース前キャンペーンで「横綱にメッセージを!」という謎


――コアミックスさんのアプリ「マンガほっと」のリリース前のキャンペーンで「アプリ(サイト)を通じて横綱にメッセージを!」という“拳王軍キャンペーン”をされていましたよね。言葉を選ばずに言うと……「意味がわからない」と思いました(笑)。まずマンガと相撲という組み合わせが想定外ですし、常識で考えると「それでユーザーが増えるのか?」とかいろいろ疑問が湧くと思うんです。ただ、「何が起こってるんだ? こんなマンガアプリ見たことないぞ」とおもしろく拝見していました。
花田 「“拳王”ことラオウの化粧まわしを付けた新横綱・稀勢の里を応援する“拳王軍キャンペーン”をTwitterでやろう」というのは、弊社から稀勢の里に化粧まわしを贈ることが決まったあとで盛り上げ企画として浮上してきたんです。
「横綱にみなさんからの声を渡すことは可能ですか?」と「マンガほっと」の開発・運営担当のイマジニアさんからご提案いただいたのがきっかけです。
われわれは横綱のことをマンガにさせていただく関係で、取材や打ち合わせでお会いすることもありますので「できます」「じゃあ、やりましょう!」と。
2017年6月から弊社で「マンガほっと」というアプリを始めることは、以前から決まっていましたが、稀勢の里とラオウを絡めたキャンペーンについては事前に決まっていたわけではなく、完全に偶然です。
あれはアプリのためにやったというより、われわれとしても稀勢の里を何かしらのかたちで応援したい、横綱昇進を盛り上げたいという気持ちが大きいですね。
それで横綱になった直後の大阪場所の前にインタビューさせていただいて、マンガほっとのサイトにアップさせてもらい、また、稀勢の里の生い立ちから、ケガの中での優勝までを「美談にはしないでほしい」という約束でマンガ化させてもらうことになったんです。

「国技の頂点から、やっとマンガは認められた」


撮影:コアミックス

――『北斗の拳』の担当編集者であった御社の堀江信彦社長が稀勢の里と付き合うようになったきっかけは?
花田 知人の紹介で、稀勢の里のいる田子ノ浦部屋も属する二所ノ関一門の方々と食事をするようになりまして。
そのうちに食事の席などで、稀勢の里とも何度もお話させていただいたりするなかで「横綱になったら、まわしを作るよ」と約束をしたそうです。
堀江からすると、自社でIPを管理させていただいている作品であればなんでもかまわない、俺が話を付けるということだったようですが、稀勢の里の方から「『北斗の拳』でお願いします」と。
そして初優勝を決めて日本中が稀勢の里フィーバーになり、横綱昇進が決まったときに堀江に電話がかかってきたんです。
――「あの話、本気にしていいですか」ということですね。
花田 ええ。それで新横綱誕生の昇進伝達式があったその日に、弊社に足を運んでいただいて、社長室で『北斗の拳』の絵を見て選んでもらうなかで「ラオウでお願いします」と。
堀江も「え? ケンシロウじゃなくていいの?」と驚いていましたね。
「ラオウで」という要望は横綱の方からです。
でも、決まってみると「これしかない」という気がします。
堀江が言っていて、いいなと思ったのは「『北斗の拳』を選んでくれたということよりも、マンガが日本の国技である相撲の、それもトップである横綱の化粧まわしに使われたことが何より嬉しい」と。
堀江は今年で62歳になりますが、その世代だと「マンガは下に見られていた」という想いが強いみたいで。
堀江はかつて集英社にいたわけですが、集英社に純文学の作家先生が来社したら役員が迎えに出てくるけど、マンガ家はどれだけ売れてもせいぜい編集長クラスまでしか来ないとか、昔はざらでしたからね。
「クールジャパンだなんだと言われているけれども、2017年になってやっとマンガは横綱のまわしになれたんだ」と。
キン肉マンや西原理恵子さんの絵が幕内力士の化粧まわしに使われたことはあっても、横綱では初ですからね。
――たしかに、歴史的な瞬間ですね。
花田 稀勢の里は、歴代の横綱のビデオを観て研究したり、格闘技関連の書物は相当読んだりしているみたいですが、でも、決して熱心なマンガファンというわけではないんです。それでも『北斗の拳』を知っていてくれて、選んでくれたのが嬉しいですね。
ちなみに化粧まわしは刺繍で絵を再現するわけですが、原(哲夫)先生の絵は濃淡が密なので、表現が圧倒的に大変なようで、最初はまわしにするのを断られたんです。
「刺繍だけではムリだ」と。
だから江戸友禅の技法を使って、刺繍の上にパールなどを砕いて糊を混ぜたものを使って染めることで光や影を表現したりしているんですね。
同じ赤でも黄色っぽいところと黒いところもあるような色味は刺繍プラス江戸友禅で。
それは十年前、十五年前ならできなかったみたいですね。
モンゴル勢をはじめ、富士山、鶴といった伝統的なモチーフ以外を扱う力士が増え、だんだん絵に凝るようになって技術が積み重なってきたからできたものであると。

関連キーワード

2017年7月4日 10時00分

「ラオウがわかれば稀勢の里がわかる! 横綱と『北斗の拳』の関係とは?」のコメント一覧 0

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!