巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

「二郎系ラーメン」の店主はどうやって誕生するのか

ライター情報:高橋アオ
今日の日本は、さまざまな種類のラーメン店が群雄割拠している。その中でも、カルト的な人気を誇っているジャンルが「ラーメン二郎」こと二郎系。三田店を筆頭に西は京都、北は札幌と日本各地で圧倒的な支持を得ている。

また、インスパイアといわれる二郎グループ外のラーメン屋も点在している状況だ。その中で、今年の初めに出店した「豚ラーメン板橋店」の店長はインスパイア系列大手や、二郎某店で働いた経験があるやり手だ。今回、我々の知らない二郎系の世界を少しだけ覗かせて頂いた。



「二郎」に対する印象は良くなかった


――まず、店長が二郎系ラーメンを作り始めたきっかけを教えてください。

最初は二郎系をやろうと思っていませんでした。ある日、二郎を食べたことがあったんですけど、全然口に合わなくて(笑)。その時は「二度と食わない!」と思うぐらいで、しばらく食べませんでした。それから21歳ぐらいの時に、別のお店で二郎を食べたら、前ほどの悪い印象を覚えなくて。2週間後も同じ店に並んでいたので、ハッとしました。つい最近まで印象最悪だったのに、僕の中でこうも評価が変わった食べ物は二郎以外ありません。最終的に自分の仕事にしたいぐらい魅力のあるものだから、作り始めました。

――最初は印象最悪なのは驚きました。現在は生業にしているわけですが、独立した理由は何ですか?

はっきり言うと、お金と人の言うことを聞きたくないからです(笑)。自分の自由にやりたいのもあったし、当時は儲かると思っていました。負ける気がしなかったから、独立したんですよ。具体的に言うと、いろんな会社で経験を積んでいたけど、もうここで勉強することはないだろって。ただ、今思うと過信していた部分があったと思いますけどね。

圧倒的な質量と大きさ!ラーメンに使う表現ではない…


――独立する際に、二郎某店から助手にならないかと言われたとか?

そうですね。ある店舗を受けた際に、「採用枠がないから、待ってくれ」と頼まれました。5年後に埼玉・蕨の物件が決まって独立する前日に「助手にならないか?」と声がかかり(苦笑)。独立するからとは言えないので、丁重にお断りしました。その後、蕨店をオープンさせてから板橋にも出店しました。

豚ラーメンとラーメン二郎の違い


――豚ラーメンは二郎とは、異なる点が数多くあるようですね。

うちは屋号が豚ラーメンなんですが、板橋店はスープが鶏ガラ主体。もちろん豚も入っていますけど、僕の中で豚と鶏の黄金比があるんですよ。豚にも特徴があって、一般的に二郎系のお店は腕肉を使っていて、中にはバラ肉を出している店もあります。うちはバラ肉と腕肉を両方楽しめちゃいます!

屋号の「豚」は、肉の味を堪能できる!さぁ、かぶりつけ!


麺は蕨店の製麺機で作っています。実をいうと、二郎系の麺は特殊な切り方をしているんですよ。太い生地を細く切ることで、麺は自然にあの独特なウェーブがかかる。普通の麺は薄い生地を太く切るので、普通と逆なんですよね。

自慢の自家製麺。モチモチとした食感がやみつきになる。

関連キーワード

ライター情報: 高橋アオ

色々編集したり、書いたりしています。スポーツばかりやっていましたが、最近は種々雑多。未熟者なので、いいものを作れるように頑張りまーす。

URL:Twitter:@azzurri_t10

2017年7月1日 15時00分

「「二郎系ラーメン」の店主はどうやって誕生するのか」のコメント一覧 3

  • 匿名さん 通報

    箸の持ち方がおかしいおかしい

    17
  • 匿名さん 通報

    屁理屈より味なんですけどね・・・。

    0
  • 一度も食べた事無い 通報

    具から食べていくと、麺に到達する頃には伸びている気がするんだが、そこんとこどうなの?

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!