巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

0

マレーシアには飲み物の「マイケル・ジャクソン」がある

ライター情報:さっきー

日中は気温30度を超える日が多いマレーシア。近所のコーヒーショップではお茶を片手に昼間から語り合うおじさんたちを見かける。マレーシア人は朝ごはんの後には、お茶タイム、ランチの後にもお茶タイムだ。コーヒーでも紅茶でも基本的には甘いコンデンスミルクたっぷりの飲み物を日常的に飲む。ふくよかな人が多いのも納得だ。

そんなマレーシアには、日本人にはあまりなじみのない飲み物が数多く存在する。中でもひと際ユニークなネーミングを持つのが「MICHAEL JACKSON(マイケル・ジャクソン)」だ。

じつはヘルシーな「マイケル・ジャクソン」


早速「タウケ! マイケル・ジャクソン サトゥ(マレー語で、店長マイケル・ジャクソン1杯くださいの意)」と注文すると、クリーミーな白い豆乳の中に黒いゼリーが入った飲み物が出てきた。

マイケル・ジャクソンというドリンク名の由来は、肌の色が黒から白に変化していった米国人歌手マイケル・ジャクソンを揶揄してつけられたことにある。もしアメリカなら、人権侵害で訴えられそうなほどパンチの効いた名前である。しかし南国マレーシアでは軽いジョークのつもりで、はばかることなく注文されている。

ドリンク内にある黒いゼリーは「Cincau(チンチャウ:仙草ゼリー)」。ほんのり漢方のような味がして、体のほてりを鎮めてくれる。仙草ミルクティーやハーブドリンクにもよく使われるこのゼリーは、ノンカロリーでダイエットにも適している。美肌効果もあるとして若い人に人気で、マレーシアではなじみ深いゼリーだ。地元のスーパーでも普通に売られている。

マレーシアではコーヒーと紅茶を混ぜて飲む?


マレーシアの面白ドリンクはマイケル・ジャクソンだけではない。コーヒーショップやローカル色の濃いレストランへ足を運ぶと、目にするのがコーヒーと紅茶を合体させた「Cham(チャム)」である。チャムとはエスプレッソのようにビターで力強いマレーシア風のコーヒーを、コンデンスミルクたっぷりのマレーシア風ミルクティーで割ったもの。とにかくなんでも混ぜてしまうのがマレーシア人で、チャムは通常のコーヒーや紅茶のように、ホットまたはアイスで注文ができる。

これだけ聞くと、「おいしいの? 」と疑ってしまいそうだが、飲んでみるとコーヒーよりも紅茶の風味が強いのか、思ったよりもあっさりとした後味となっている。

「チャム」というのは、福建語で「混ぜ合わせる」という意味だ。中国南部から渡ってきた中華系マレーシア人の人たちの間から広まったとする説が、現地では濃厚である。マレーシアに駐在していた日本人もマレーシアに遊びに来るたびに懐かしくオーダーするほどの人気のドリンクだ。

ライター情報: さっきー

二足も三足もわらじをはく♪ 元警察官→国際交流イベント運営、日本語教師、通訳コーディネーター、ライター、旅人。2011年~マレーシア在住。滞在経験を通して多民族マレーシアの魅力を伝える。

2017年11月3日 08時00分

コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!