巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

3

消滅危機にあった世界唯一の「ばんえい競馬」を救ったネット投票

北海道帯広市が主催する「ばんえい競馬」は、競走馬がそりを引きながらゴールを目指すレースである。平均1トンを超える「ばん馬」が砂煙を上げながら力強くそりを引っ張るという形態は他の競馬では見られない世界唯一の競馬でもある。また、北海道開拓期の文化を今に伝える伝統的な催しでもあるのだが、その道のりは順風満帆と言えるものではなかった。

明治から続く伝統、しかし消滅の危機


写真提供:帯広市ばんえい振興室

ばんえい競馬の起源は、北海道を開拓していた際に各地で行われていた馬と馬との力比べと言われている。その後、明治末頃に現在のようなそりを引っ張る競争方式となり、大正時代には神社の境内や五稜郭公園の敷地内などでも競争が行われていた。その後1946年に法律によってばんえい競馬は公営競技とされ、帯広・岩見沢・旭川・北見の4つの競馬場で開かれ人気を博すようになった。

しかし、いつの頃からか人気に陰りが現れ、ついには年間30億円とも言われる膨大な赤字を抱え、2006年には岩見沢・旭川・北見の3つの競馬場でばんえい競馬の開催が終了。地元財政やソフトバンクグループのバックアップもあり、帯広競馬場での単独開催という形で存続となったが、このままではばんえい競馬の消滅は時間の問題と思われていた。

インターネットが逆転の一手に


窮地に陥ったばんえい競馬。この状況を打開するために主催の帯広市は2007年からナイター競馬の実施と、現地に行かなくても自宅で馬券投票ができるインターネット投票を取り入れた。
関連キーワード

2017年10月31日 13時05分

コメント 3

  • 匿名さん 通報

    側で見る馬は大きいというか躍動感あふれる命のかたまりのような感じでした。個人の力では微々たるものですがこれからも応援します。

    5
  • 匿名さん 通報

    なんとなく動画配信サイトでライブ中継を見て、その迫力やレース内容、サラブレッドとは違う愛嬌にすっかり惚れ込み、関東から現地に飛んで協賛レースまでする始末。

    5
  • 匿名さん 通報

    存続することはありがたいですが賞金や関係者の給料は激安ですからねえ… 中小企業で働くワシの給料もたいして伸びてもないし仕事出来てるだけマシだわね…

    4
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!