巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

6

プライベートジェット1機、チャーターすると料金はいくら?

2017年11月5日 09時00分 ライター情報:鈴木圭

飛行機のファーストクラスに乗ったことがある人はいても、プライベートジェットに乗ったことがある人はなかなかいないのではないだろうか。
飛行機1機をまるまるチャーターするプライベートジェット。なんとなく一部のセレブや有名人が利用してインスタに画像アップしている……みたいなイメージがあるが、実際にはどんな人が使っているのだろうか。そして、いったいいくらかかるのだろうか。

いろいろと気になったので、プライベートジェットの手配を手がけている丸紅エアロスペース株式会社の須関さんに聞いてみた。

プライベートジェットの主な利用層はセレブではなかった!


――早速の質問ですが、プライベートジェットってどんな人がどんな目的で利用しているんでしょうか?

「ビジネス利用とプライベート利用のケースがありますが、プライベート利用の場合、通常のエアラインでは行きづらいようなリゾート地への家族旅行で利用されるケースが多いですね。ビジネス利用の場合は、投資家訪問で世界中を回られたり、現地の市場や工場の視察で使われるケースが多いようです」

――なるほど。なんとなくセレブが贅沢品として使っているイメージがあったのですが、ビジネスでも使われているということでしょうか。

「プライベートジェットと聞くと富裕層の娯楽品をイメージされる方も多いのですが、欧米ではビジネスジェットと呼ばれることもあり、むしろビジネス利用のほうが主流です」

須関さんによると、そもそもプライベートジェットの最大のメリットは、フライトの時間や区間を自分の希望通りに組めることにあるという。通常のエアラインを利用すると、空港から目的地への移動時間や空港での待ち時間など、意外とタイムロスは多い。
そう考えると、世界を相手に仕事をしていて、時間に価値を求めるエグゼクティブクラスのビジネスマンにとって、タイムロスを減らせるプライベートジェットは非常に利用価値が高いのだそうだ。

プライベートジェットの内部


――どういった区間がよく利用されているのでしょうか?

「弊社では日本〜海外間、もしくは海外〜海外間のチャーター機のみを手配させていただいていますが、お問い合わせが多いのは東京〜アジア近郊区間です。また、海外区間のみのチャーターでは、ヨーロッパ域内、アメリカ国内の移動もよくご利用いただいております」

例えば海外区間のみチャーターする場合は、日本〜現地までは通常のエアラインを利用し、ヨーロッパ内、アメリカ内では自分のスケジュールにあわせてフライトの予定を組むという使い方なのだそうだ。確かに、これなら直行便の有無やフライト時間に関係なく移動できるため、忙しいビジネスマンにとっては使い勝手がよさそう。

ちなみに、実際にプライベートジェットを利用する場合は、以下のような手順で申し込むことになる。

1. 希望の旅程、人数を連絡
 ↓
2. 機材の案内、概算見積の提示
 ↓
3. 契約締結、機材確保
 ↓
4. チャーター料金の支払い
 ↓
5. 搭乗者情報、特別リクエスト(機内食など)などの確認
 ↓
6. 出発


あくまで目安だが、送金や契約締結、機内食アレンジなどの時間も考慮すると、出発の1週間〜10日ほど前までに連絡すれば、少し余裕を持って手配することが可能ということだ。

1機飛ばすといくらかかる?


――一番気になるところですが、実際にプライベートジェットを1機飛ばすといくらくらいかかるのでしょうか?

「利用する区間や使用機材によっても異なりますが、成田〜上海を2泊滞在される想定で15万ドル程度、成田〜ロンドンを1週間程度滞在される想定で45万ドル程度になります」

45まんどる……。イメージがつきにくい数字だが、日本円に換算すると15万ドル=1,700万円、45万ドル=5,100万円くらい(1ドル=115円で計算)。ちなみにこの金額はビジネスジェットの中では大型のガルフストリームG650を利用した場合の概算とのこと。料金はあくまで目安で、実際の費用は利用時期や機材の空き状況により変動するようだ。

ガルフストリームG650、最大19名まで搭乗可能


小市民の私にとってはすでにお腹いっぱいの数字ではあるが、もうひとつ、どうしても聞いてみたいことがあったのでうかがってみた。

――チャーターではなくて、機体を個人で購入するというケースもあると思いますが、その場合の費用を教えていただけますか?

「先ほどのガルフストリームG650の場合、機体価格で68ミリオンドル程度になります。これとは別に、年間維持費で3ミリオンドル程度の年間維持費がかかります」

ミリオンドルという聞きなれない単位におののきながら、先ほどのレートで計算してみる。68ミリオンドル=78億円、3ミリオンドル=3.4億円程度。ちなみに「G650」はガルフストリーム社の最高機種とのことなので、機種によってはもう少し値段は下がるのだろうが、いずれにしても購入費用だけで数十億円ということになる。庶民にはやっぱり高嶺の花のようだ。

ガルフストリームG650の内装


ちなみに機材を購入すると、機体の外装のペイントはもちろん、ベッドルームやラウンジスペースなどのレイアウト、シートの生地やテーブルの木目にいたるまで全て自分の好みにカスタマイズできる。この金額の感じ方は人それぞれだろうが、少なくとも「払う価値あり」と判断する人が少なからず存在するということになる。いやはや、大変勉強になりました。

(鈴木圭)

取材協力
丸紅エアロスペース株式会社
http://www.gulfstream.jp/
※本記事で使用している画像は丸紅エアロスペース株式会社の提供によるものです。

ライター情報: 鈴木圭

イタリア・ミラノ在住、フリーライター。海外生活や旅行に関する記事を書いて暮らしています。好きなことは、旅行先の市場でヘンな食べ物を探すこと。好きな言葉は「とりあえず食べてみよう」。

コメント 6

  • 匿名さん 通報

    小学生の頃は自家用ヘリで出勤する社長になるのが夢でした。現実は市の福祉介護課の職員です。

    6
  • 匿名さん 通報

    AbemaTVのホンネテレビで山田孝之がプライベートジェット使ったからかな?タイムリーな話題に乗っかる感じいいw

    5
  • 匿名さん 通報

    役人どもはチャーター機で出張するんだぜ。もちろん支払いは国民の税金

    4
  • 匿名さん 通報

    公務員でも会社員でも、頑張ってたら良い。

    4
  • 匿名 通報

    ジャニーズ事務所のメリジュリ母子がプライベートジェット機を所有しているらしい。去年、キムタクの家族も同乗。 ジャニオタの皆さんのお金はこんなことに使われています。

    3
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!