巷のB級ニュース“小”ネタを毎日配信!

4

閲覧注意!ヒル販売専門店の店主に聞く「ペットとしての飼い方」

2017年11月9日 17時35分 ライター情報:山根大地/イベニア
ペット用のヒルをご存知でしょうか。最近、ヒルをペットにする人たちが静かに増えてきています。よく見ると色や模様に個性があり、しぐさにも表情があるヒル。どんな人が飼っているのか? どうやって飼えばいいのか? 気になることを聞いてきました。

でかい! きれい! かわいい! ヒルにもいろんなヒルがいる


ペット用のヒルを主にネットで販売している『蠢くものたち』の代表・吉田一貴さんにお話を伺いました。

ヒルは日常的にはあまり見ないので「田んぼや沼地などで、身体にくっついてくる小さな黒いやつ」という印象しかない人も多いでしょう。ジャングル探検のマンガやテレビ番組でしか見たことない人もいるかもしれません。
体長30センチのネッタイチスイビル「ギガス」


しかし、そんな先入観はいきなり吹っ飛びます。いきなり出てきたのは、片手でわしづかみにしないと持てない巨大なヒル。こちらは「ネッタイツスイヒル」という種類で死んだものを保存しているそうですが、体長は30センチほど。ここまで大きくなるものは少ないとのことですが、生きているネッタイチスイヒルも10センチくらいはあり、なかなかの大きさ。そして、よく見るとそれぞれ微妙に色が違ったり、背中に模様があったりと個性があります。
ネッタイチスイビル


小さいヒルもいました。医療用ヒルは、ドイツなどでは認可を受け再生医療などに用いられているのだとか。医療に用いられるので、生まれたときから無菌状態で育てられており、とても清潔です。縮んで丸くなったり、細長く伸びて水の中を泳いだり、眺めていると愛着がわいてきます。
医療用ヒル


「トウモンチスイビル」はオレンジの模様が特徴のヒル。日本にはいない種類で、輸入されることもまれなため、通称にあたる和名は吉田さんが名付けたのだとか。国産のチスイビルは日本の田んぼなどにも棲んでいる種類。これもよく見ると模様があって個性があります。
トウモンチスイビル


ここまでは水辺に棲み動物の血を吸うタイプのヒルをご紹介しましたが、次は少し違ったタイプです。「ヤツワクガビル」は陸に棲む種類。ノドビルと呼ばれる仲間で、強力な吸引力でミミズなどを丸呑みにするそうです。色も鮮やかです。
ヤツワクガビル


関連キーワード

ライター情報: 山根大地/イベニア

ライター。科学の子。興味のある分野は、ローカル、旅、映画、バスケ、神社仏閣など雑多です。スピッツ派、清少納言派、ウェス・アンダーソン派。

コメント 4

  • 匿名さん 通報

    これはキツイっす。ちょっとダメかも。

    3
  • 匿名さん 通報

    部屋でヒル飼ってる人見たら俺ならドン引きだけど 慣れてる人にはタニシ飼ってる程度の感覚なのかな…

    0
  • んhkl 通報

    jっゆhn

    0
  • 匿名さん 通報

    ひええ ムリかも。かうのは。 金魚はかわいいが

    0
コメントするニャ!
※絵文字使えないニャ!